S-AWCコントローラの本体側プログラムに手こずっております。

1万分の2秒以内にGセンサー通信データの取得・解析・変更・整合性確認値再計算(例の7京パターンのアレ)・出力の全部をこなさないと次のデータが来ちゃって間に合わなくなります。

今製品ではDSP内蔵の高性能マイコン(はんだ付けがとても大変)を用いており、また一部を並列処理させる小技なども効いていてこのループだけなら実は何も問題にならないのですが、ここに時間がかかる作業が割り込んじゃうとアラ大変。

例えばお客さんに鮮魚を届けるべく営業車でいつものように片側1車線の高速道路を(法定速度内で)飛ばしていたら土砂満載のダンプで前がつかえてしまい、しばらく併走後ダンプはICで降りたけどもこの遅れは取り戻せず、着いた時には納める魚が腐っていてお客さん激怒でそのまま取引停止。

道路対策とは言っても2車線化はコストがかかるため混雑していない路線では適度に追い越しレーンを設けるのですが、安全性や技法面、渋滞予測など意外と手間で、だったらやっぱりもう1車線造っちゃう?みたいな。

あ、そろそろお忘れかと思いますがココアシステムズは道路関連業者でも魚屋でもありません。速度差をやりくりするのがだいぶ複雑になってきたので車両通信以外を担うマイコンを別につけちゃおうかなあという悩みのイメージ。わかりづらい?

こんな現実逃避してるヒマがあるならプログラム書けよとお思いの方もたくさんいらっしゃるでしょうが完成までしばらくお付き合いください。つづく、、、かも(^^;)。