このところS-AWCコントローラの操作部のプログラムとOEM製品の節電化という、特に書くこともない地味な作業しかしていないので、つい最近届いたおもしろ製品を紹介します。

名刺大のこの装置はRaspberry Pi(ラズベリーパイ)といって、たった$35(2,800えん/本体のみ。ケース・SDカードのぞく)の「パソコン」なんです。マウス・キーボード・ディスプレイをつなげればSDカードに入れたLinuxがすぐ使用可能。簡単に扱えるI/Oポートもあるので、ウェブサーバにして外出先からケータイで家電をコントロールなんてことも(だいぶ頑張れば)できますね。

ココアシステムズとしてはやっぱ車載。とはいえ何をつくるか、特にアイデアは浮かびませんが(^^;)。