DSC_5112

規模と納期の問題で、ココアシステムズ製品はプリント基板も内製です。これ、意外とアナログな方法で製作するのでご紹介します。

1. 感光剤が塗られた(または自分で塗布した)銅箔基板に回路のマスクパターンを乗せる
2. 紫外線を照射する
3. 薬液に浸すとマスクされなかった部分の感光剤が溶ける
4. 別の薬液に浸すと露出した銅箔部分が溶ける
5. これまた別の薬液で洗浄すると写真の状態に

その後カット・穴あけを施して基板1枚の完成。

よほど細かい回路パターンのもの以外そう失敗することも無くなりましたが、それでも出来・不出来がやっと判明する5の時にはいちいち緊張しますね(笑)。