カテゴリー : メディア

カテゴリの選択をクリアする

R35 GT-RをカンタンにFR化する『DAS』TEST on TRACK!!

OPTION誌が近日発売予定のR35GT-R用“DAS”(Do-Luck AWD Switcher)走行ビデオを公開しました。

定常円走行の「真ん中」から撮ちゃうとか、さすがOPTION誌。プロのドライブとはいえ怖いです。。。

ちなみにDASは現在ポン付けハーネス量産準備中です。発売までもうちょびっとお待ち下さい。

OPTION誌で“DAS”が紹介されました

DSC_8041

Do-Luckさんと開発中のR35 GT-R用(ほぼ)FR化装置“DAS”がOPTION 5月号で紹介されました。
#DAS : Do-Luck AWD Switcher

D1ドライバーの長谷川大祐さんが愛車でドリフト(定常円)・バーンナウトを試し成功しています。興味のある方は、製品説明が一番わかりやすい本OPTION誌をご覧下さい。

Do-Luck製 DTM2 R35GT-R・EvoX用発売

DSC_6670_

技術協力を行ったR35 GT-R用アテーサコントローラー / ランサーEvoX用S-AWCコントローラー「Do-Luck DTM2」が発売になりました。写真はGT-Rマガジン今月号(2014年3月号)。

自動車メーカーが様々な条件で作り込んだ純正四駆ECUの制御を生かしつつ積極的に働きかけユーザが簡単にその効き方を調整できるものとしては、R35/EvoX用ではこのDTM2がたぶん世界初です。車両制御がCANと呼ばれる高速デジタル通信で行われるようになった現代の車両に介入することは非常に難しく、これはまさにそれをやり遂げた大変高度な製品です。

とはいえ使い方は簡単で、R35用なら、コーナリング中の安定感が欲しければDTM2の液晶コントローラーで横方向の数値を100%(純正状態)から増やし、また立ち上がりでリヤが流れるようなら加速側及び横方向を増やし、またターンインでノーズの入りが悪ければ減速側を少し減らす、といったことが手元で行えます。

EvoXの場合は、横方向に関しては逆に数字を増やすと曲がりやすくなります。同じ四駆でもベースとなるFF/FRの違いが出る面白いところですね。数値をあまり増やすと「フォークリフトのような動き」(テストユーザのコメント)になってしまいますが、S耐のランエボではあえてこのような四駆セッティングがなされていたようなので、テクノロジーでコーナリングするクルマとしてはそれがタイムを出す方向なのでしょう。

お問い合わせ・お求めはドゥーラックさんまで。

筑波サーキットで取材でした

DSC00355

昨日からのオプション2誌企画サポートと、別件のランサーエボ10用OEM製品サポートで、1日筑波サーキットでした。

前者は昨日遅くまで編集部の太田さん・鍵市さんが頑張ってくださったおかげで今日は文句の無いデキでした。ちゃんとした解析はこれからですが。

ちなみに写真の、オプション誌取材でココアシステムズ開発車両のランサーエボ10を運転するのはターザン山田選手。彼のドライビングに惚れたのがきっかけでチューニングカー業界に入ったようなものなので、ターザン山田選手との付き合いは何年が前からありますけど、単純に嬉しかったです(^^)。

オプション2誌の企画サポート

DSC00291

雑誌企画サポートのため Option2編集部 さんに来ています。

「新木場メロンハウス」と呼ばれているらしいおいしそうな建物の中には編集部だけでなくメンテナンスガレージもあり、リフトなどクルマ好きにはたまらない設備が準備されていました。

内容は12月11日発売のオプション2誌をご覧ください。

S2000RR FSW車載動画説明

TopFuel VOLTEX S2000RRが富士スピードウェイで非公式ながらチューニングカー最速タイムを出した時のインカービデオをオプション2誌が早々に編集・公開してくださいました。

capincarvideo

ロガーと連動してセンサー情報をリアルタイムで合成する録画装置を使っているため動画中にナゾの数値などが出ていて、これらの意味がわからなくて気持ち悪い方もいらっしゃるでしょうから、画像に簡単な説明を入れました。

インカービデオはストレートでの車高変化・タイヤ温度変化などを気にしながら見ると面白いと思います。フロントタイヤ温度はハンドルを切ると計測位置が変わるのでそこは参考程度にしてください。

このクルマでは他にもたくさんの情報を記録していますがヒミツです(笑)。

OPTION2誌のエンジン換装CR-Z連載

DSC_5927

OPTION2誌6月11日発売号に掲載のトップフューエルさん製作K24Aエンジン換装CR-Z(通称KR-Z)の記事で、先月つくったモーター・バッテリーECUのダミー通信装置・車速パルス生成装置を紹介していただきました。

ココアシステムズではこういった特殊なワンオフ的装置のご依頼も、場合によっては承っております。

エボ10の走行取材

DSC_5866

今日はプロドライバーの運転によるサーキットでの雑誌取材でした。

ハイパーレブ S2000 No.7

先頃発売のハイパーレブ S2000 No.7を、同じTeam TopFuel with VOLTEXメンバーの前田さんが送って下さいました。

8月にオーストラリアで行われたWorld Time Attack Challengeに参戦した写真のS2000RRの計測機器開発・走行解析サポートをココアシステムズが行いましたが、紙面でもそのことにたびたび触れていただいていました。感謝かんしゃです。

ちなみにこの写真、TopFuelさんのピットガレージに簡易スタジオを「建設」し撮影されたものだそうです。特殊な照明なども大量に持ち込まれていたようで、プロはそこまでやるのかと驚きました。

そんな裏話は載っていませんが(笑)、「ハイパーレブ S2000」ぜひご覧下さい。

雑誌取材の見学に本庄サーキットへ

このところ少しお手伝いをしているタイヤラウンジさんのZC32Sスイフトスポーツの雑誌取材があるということで見学に行ってきました。

ESP&TCScutCPUで横滑り防止機能・トランクションコントロールをオフにした状態とノーマル状態との比較ではやはり前者の方がタイムがよく、縁石で飛んだ時にもスロットルが戻ること無くコントロールでき、またABSもちゃんと動作するので、スポーツ走行には必須の装置だというプロドライバーの評価でした。

ZC31Sスイスポ用の開発時にはまた協力させてください。

先月のVOLTEX風洞実験の様子

先月の“TopFuel with VOLTEX S2000”風洞実験の様子がヨコハマタイヤから公開されましたので紹介します。

VOLTEX&ココアシステムズは、来週末にオーストラリアで行われるワールドタイムアタックチャレンジ(WTAC)に向け、他日本チームより一足早く8月5日(日曜)に日本を発ちます。

現地の様子はなるべく毎晩掲載していきます。応援よろしくお願いいたします。

ランエボマガジンに掲載

ランサーエボリューションマガジンVol.48に、当ココアシステムズで発売中のDriveModeController for Lancer EvoXが紹介されました。

Amazonでのご購入はこちら

さすがプロの解説はわかりやすく、商品説明の参考にしようと密かに思ったり(笑)。

ランエボマガジンさんありがとうございました。

 

絶賛開発難航中のS-AWCコントローラの取材依頼は残念ながらお断りするしかなかったのですが、次号にはサーキットテストの様子をご覧いただけるようこれまで以上に開発に力を入れますのでお待ち下さい。

ランエボマガジンのウェブレポートに

ランサーエボリューションWEBマガジンイベントレポートで、東京オートサロンに展示したココアシステムズの製品が紹介されてました(嬉)。

本誌の発売日が5月26日に変更となりエボ10デモカーを持つココアシステムズとしても寂しかったのですが、でもその間はウェブ版が見逃せませんね!