昨日の続き。

プログラムの類推結果からルールを拡張し、それをプログラムに反映してさらに類推が深くなり、また拡張して…をひたすら繰り返し、7京(7の後に0が16個つく)パターン全て判明しました。

何十時間も暗号解読(??)をしたのは何年か前にECU読み書きプログラムを作った時以来でした。見つかるかどうか全くわからない計算パターンを探すのはやっぱりつらかったです。

追記 : 完成した本技術は Do-Luck製“DTM2” に採用され現在発売中です