カテゴリー : ReadyNAS

カテゴリーの選択をクリアする

ReadyNAS を RAID6 に

NETGEAR ReadyNAS 526XというNAS(LANのディスクみたいなの?)を使っています。今回ディスク3本のRAID5(※)に1本追加し、RAID6(※)化を行いました。最小構成なので容量効率は非常に悪いです。

※ RAID5 : ディスクが1本壊れてもデータは死なない。4TB x 4本では容量12TB
※ RAID6 : ディスクが2本壊れてもデータは死なない。4TB x 4本では容量8TB
(RAID容量計算はこちらのサイトが便利です)

方法は、X-RAID2 / RAID5 の状態なら追加するディスクを挿さずに管理者ページ [システム] – [ボリューム] の X-RAID をクリックし Flex-RAID に変換(すぐ終わる)。ここでディスクを挿入し、認識された灰色のディスクを選び [パリティ追加] を選択。しばら〜く(4TB追加で22時間半)待ち「ボリューム data の状態は Degraded から 冗長へ変更されました」とメッセージがあったらまた X-RAID をクリックし X-RAID2 に戻す(すぐ終わる)という感じです。念のため最初に全バックアップを取りました。なお X-RAID 状態のままディスクを挿すと RAID5 のまま自動再構築が始まっちゃうので気をつけて。

10GbEで直結したWindows10のSSDから10.0GBのファイルコピーを行い、“ReadyNAS 526X メモリ増設”の時の記録と簡単な比較を行いました。ただファームウェアが異なり、前回6.9.3、今回6.9.4です。

デフォルトのページキャッシュの状態で、先が前回 約38秒、後が今回 約35秒。

ページキャッシュを8GBメモリの60%に設定した状態で、先が前回 約29秒、後が今回 約25秒。

頑丈になって、(ファームウェアのせいかもしれませんが)図らずも速くなったんですからわりかし満足。

ReadyNAS 526X BIOS確認とCPU冷却性能改善

NETGEAR ReadyNAS 526XというNAS(ネットワークのディスクみたいなの?)にメモリを増設したんですが、分解したマザーボードにはPCI Express x4? x8?みたいなスロットがありました。

NASにはディスプレイ機能が備わっていないので、試しに変換ケーブルでPCI Express x16のグラフィックカードをつなげてみます。補助電源はそばのPCから拝借。

BIOSきました(嬉)。キーボードは背面のUSBポートに接続しています。

MAINページ。先のページに記載した通り上位機種のReadyNAS 626Xと共通マザーですがBIOSは526X専用のようです。

Advancedページ。Serial Port Console Redirection というのがあって、もしかしたら隠しマイクロUSBポートはOS起動前からシリアルコンソールとして使えるのかも。未確認。

なにかありそなIntel RC Setupページですが、、、

だいたい固定値なので楽しそうなことはほぼ何もありませんでした。

ローカルでログインもできます。

 

BIOSが全く面白くなかったので、分解ついでにCPUグリスを熱伝導性能が非常に高いMX-4に交換してみます。

ヒートシンク下のPentium D1508。純正グリスはベンジンで溶かせます。

比較のためsysbenchを4スレッド50万リクエストした時のCPU温度(たぶん以下内容。ミリ℃)推移を1秒ごとに記録しました。システムファン冷却設定は“バランス”。
/sys/devices/platform/coretemp.0/hwmon/hwmon0/temp1_input

今回参考にしてませんが管理ページに出てるSystem温度は次のモヨウ。
/sys/devices/platform/it87.2608/hwmon/hwmon1/temp3_input

スタート温度の差そのまままでどちらもどんどん熱くなっています。グリスよりもまずヒートシンク自体の冷却性能がイマイチな感じですね。もちろん高温が続くとケースファンの回転が増えて冷却されます。処理時間は225秒対227秒とほぼ同じでした。

温度ログはありませんが起動後すぐのCPUが冷えてる状態&ファン設定「冷却」だと10秒速い216秒だったので、ファン付きクーラーでCPUを冷やしてやれば定格2.2GHzが最大2.6GHzになるというターボブーストがちゃんとかかるかもしれません。

が、残念なことにCPUファン用ソケットがマザーボードに無いんですよね。それっぽいパターンはあるので、ファンレスとは思えない共通マザーの626X(Xeon D1521)だとそのあたりにいくつか部品が載って、BIOSにも制御が加わるんだろうと思います。

それでも526Xにファン付きクーラーをつける場合は回転数固定か、ケースファンの電源とPWMを分岐してなんとなくそれっぽく使うかでしょうね。高さの余裕は5cm程度しかないのでクーラーも選びます(ネジ間距離は85mmぐらいで、Intel LGA115x用のネジ固定タイプがつかえそう)。

飽きたのでとりあえずしばらくこのままにします。

 

■ ‘18.07.05 追記

高さ32mmのファン付きCPUクーラー アイネックス CC-01 に交換してみました。グリスはもちろん MX-4

長いネジがバックプレートに当たるので4本カットしました。またネジ付け根がじゃまであまり締め込めない(バネのテンションが少ししかかからない)のでこの後ほんのわずかですがねじ山を切り足しています。

装着。マザーボードを組み込んだときケース側のエアフロー用スポンジがファンを押さえてることに気付かず、なんで回らないんだ?と小一時間悩んでしまいました。

CPUファンの配線はケースファンにつなげました。ケースファン側は赤黒が12V電源で緑が回転制御信号、CPUファン側は赤黒は同じで青が回転制御。回転制御を接続しないと全開で回ります。ちなみに残りの1本は回転数計測用(要プルアップ)。

前回同様sysbenchでの温度推移です。一度熱が入るとなかなか下がってこない純正ヒートシンクと比べファン付きは冷えが早く、似た条件でもスタート温度がだいぶ異なっています。

最大回転はさすが温度変化が少ないのですがとってもうるさいのでナシ。冷却設定“バランス”はヒートシンクみたいな温度の上がり方ですが最低・最高温度が低くまたほぼ無音で割と良い感じですね。タイムは216秒と217秒で、前回より4〜5%速く終わっています。

CPUファンの回転はケースファンに連動してるだけですが、CPU温度が上がればケースファンの回転数も増えますから、じゃっかん不安なところもありますけどまあ悪くないんじゃないかなと思います。今後気になればケースファンを“冷却”設定にするか、ケースファンの回転制御信号(PWM)にちょっと付け足すみたいなコントローラを作るかですね。

個人的にはほどほどに満足ですがお勧めはしません。ご質問にもお答えできません。

ReadyNAS 526X メモリ増設

うちではNETGEAR ReadyNAS 526XというNAS(LANにつながるディスク?)を使っています。

分解してみました。使用されていないPCI ExpressみたいなスロットやマイクロUSBのコネクターがあります。

あとDIMM(メモリ)のスロットが3つ空いてました。ちなみにそばのシルク印刷によると上位機種の626X(Xeon D1521/メモリ8GB)と共通マザーボードのようです。

CPUはたぶん基板直づけなので交換できませんがCPUクーラーを良いあんばいにするとターボブーストの時間が少し増えるかもしれません。

純正メモリはTranscendのDDR4-2133 ECC 4GB “TS512MLH72V1H”でした。幸い通販で同じ品番のものが入手できたので「相性」を気にしなくて済みました。同等品の中では最安に近かったです。

ブートメニューでのメモリ単品(4GB)テストは1回25分ほど。写真は2回目に入ってます。

このCPU(Pentium D1508)はデュアルチャネル対応なのでメモリは同じ色のスロットに挿します。実は後述のように速度に変化はないんですが、あえて違うスロットを使う理由も無いでしょう。

/proc/meinfo は、標準4GBは
MemTotal: 3935200 kB
ですが、増設後は
MemTotal: 8057776 kB
でした。無事認識されています。

dd if=/dev/zero of=/dev/null bs=1024K count=100000
で簡易メモリスピードチェックを数度行ったところ、4GB、デュアルチャネル8GBとも12.2〜12.4GB/sで残念ながら違いはありませんでした。

10GbpsのネットワークでつなげているWindows10のSSDから10GBのファイルコピーを行ってみましたがこれも同じような感じでした。

今のところ体感での変化もありませんから、ひとりで使う分にはメモリ増設はほぼ意味が無いという感じですかね。ただなんとなく気分はいいです(笑)。

猛者は動作未確認の残り2スロットも埋めてみてください。

なお分解はフラットケーブルをちぎらないよう気をつける以外に難しいところはありません。1.ガワ 2.バックパネル 3.マザーボードが乗ったサイドパネルと順に外していくだけです。組立ではケースネジをナメやすいので焦らずじっくり行ってください。ネジはM3-0.5x8mmです(何度も脱着してるうちにダメになりかけたので全部交換しました)。


■ ‘18.08.20 追記 ディスクキャッシュを変更してみました

/etc/sysctl.conf を見たらページキャッシュが固定値でした。そりゃメモリ増やしても変わらんよ。

vm.dirty_background_bytes = 134217728
vm.dirty_bytes = 536870912

単位はByteなので、バックグラウンドが128MBでフォアグランドは512MBです。それは少なすぎるので bytes 設定のとこはコメントアウトし ratio (%)を適当な値で追加しました。ちなみに標準メモリが半分の2GBなReadyNAS 316も同じ値でした。

#vm.dirty_background_bytes = 134217728
#vm.dirty_bytes = 536870912
vm.dirty_background_ratio = 30
vm.dirty_ratio = 60

うちの526Xはメモリ8GBなので4GBぐらいはキャッシュに使われることになります。もっと割り当ててもいいかも。以下のコマンドで設定再読み込み。

# sysctl -p

10GbEで直結したWindows10のSSDから10.0GBのファイルをコピーしてみました。標準設定では38秒ぐらい。

先の変更後は29秒ぐらい。グラフから速度が乗っている時間がずっと長いことがわかります。キャッシュ満タンな中盤以降は同じ。

ただ停電で書き込んだ(つもりの)ファイルが破損する確率もあがるわけですから無停電電源は必須(使ってない人はあんまいないでしょうけど)。クラッシュの場合はなんともなりません。デフォルトのキャッシュ保持時間は30秒です。

ご質問等は承っておりません。

 

■ ‘18.09.17 追記

Firmwareのバージョンアップで sysctl.conf が初期値に戻ってました。対策がちょっとよくわかりませんから都度手動で書き換えます。。。

ReadyNAS 526X と 316 の比較

事務所のNAS(ネットワークのディスクドライブみたいなの)に NETGEAR ReadyNAS 526X(標準メモリ4GB) を追加したので ReadyNAS 316(メモリ4GBに交換済み) とのちょー簡単な比較をしました。バックアップに使ってる ReadyNAS 104 も一部参戦。

cpuinfo によるとCPUは以下の通り。526Xと316は2コア4スレッドです。
526X : Intel(R) Pentium(R) CPU D1508 @ 2.20GHz
316 : Intel(R) Atom(TM) CPU D2701 @ 2.13GHz
104 : ARMv7 Processor rev 1 (v7l)

sysbench のCPUベンチマーク(最大探索数はデフォルトの10,000回)はスレッド1/2/4の順で以下の通り。526XのCPU性能は316の5〜7倍高速と言えそうです。
526X : 13.1584s / 6.7406s / 4.1615s
316 : 71.6511s / 35.8734s / 29.3546s
104 : 688.8955s / 688.7690s / 689.0231s

さてここからはNASの実性能に近づいたテストを。といっても使用しているディスクが以下の通り違うのでそこらへんは脳内補完してください。なお526Xはこれまで使ってた316のフルコピーが終わった状態(使用量がほぼ同じ)です。

526X : WD Red WD40EFRX-RT2 (4TB) x 3台のX-RAID(RAID5)、使用量2.48TB
316 : WD Red WD30EFRX (3TB) x 3台のX-RAID(RAID5)、使用量2.48TB

1GbpsのLANでつながるWindows10からのCrystalDiskMarkのデータから。以前から気になってたSMB3.0暗号化通信のEnableとDisableですが、まあ同じですね。そもそもWindows10がどういう設定か知りませんが。。。


526X BitRot保護オン・SMB3.0暗号化オン


526X BitRot保護オン・SMB3.0暗号化オフ

問題は次です。BitRot保護(リードエラー時にファイルを修復する機能)をオフにすると、なぜか4K Q32T1のWriteだけがかなり落ちてしまいます。2度試しましたが同じでした。まあ通常のファイル置き場として使うならBitRot保護オンがベターですね。


526X BitRot保護オフ・SMB3.0暗号化オン

316だと以下の通り。526Xとの比較は一番はじめのスクリーンショットとどうぞ。繰り返しますが使用しているディスクが違います。ただそれでもReadよりWriteの性能の方がぐっと低くなっているのは、ディスク性能より、RAID5のパリティ計算を行うCPU性能の差と考えて良いと思います。


316 BitRot保護オン・SMB3.0暗号化オン

両機のSeq Q32T1が同じなのは1Gbpsのネットワークがボトルネックになっているためです。

次は過去にハマったスクラブ(ファイルの自然破損を防ぐために全領域を再書き込みする機能)の所要時間比較です。時間がかかることがわかっているスナップショットは今回どちらも0でディスクの条件は先の通り。総容量12TBの526Xの方が、9TBの316より1割ほど高速でした。

526X : 10時間15分
316 : 11時間27分

当然ですが今後は526Xをメインに、これのバックアップに316を使っていきます。104はポイ。

 

■ 追記 18/01/25

526Xは10Gbps対応なので、同じく10GbpsのNIC “ASUS XG-C100C”をWindows機に追加し、直結しました(CAT7/ストレート)。526Xはネットワークポートが2つあるので、一方を通常のLANにつなげたまま、こういうちょっとへんな(?)接続もできます。

早速ベンチマークを取ったんですが、ただリトライ回数を増やすと特にReadはどんどん数値が増えることに今さら気付いちゃいました。当初よりメモリ容量以上の8GiBでのテストでしたがやっぱキャッシュに入っちゃってるんですね。。。ということでもはや全体的によくわからないテストです。

これが初期状態で計測したところ。WD40EFRX-RT2の内部データ転送レート最大150MB/sなので3台が並列MAXで動いた理論値は450MB/sだと思いますが、シーケンシャルReadはそれを大きく越えてます(^^;)。

Windows、526XともMTUを9014にしたところ。5KiB Q32T1のWriteが倍以上に。何が信頼できる数値なのかはこれを見ている方におまかせします。

ちなみに1GiBでやるとこんな感じ(笑)。

Windowsに入れたXG-C100Cは現時点で最安の10Gbps NICだったのでちょっと不安でしたが、先の1GiBベンチマークのシーケンシャルRead測定中のタスクマネージャでは最大理論値が出てました。ほんと?

なんとなく参考にして下さい。

ReadyNAS のスクラブがとてつもなく遅いのが直ったよ(喜)

※ まとめだけ見たい方は一番最後をどうぞ

NETGEAR ReadyNAS 316 というNAS(ネットワークのディスクみたいなの)を使ってるんですが、定期的に行うスクラブ(SCRUB : ファイルの自然破損を防ぐために全領域を再書き込みする機能)がいつの頃から何日もかかるようになり、直近では24時間で2%しか終わらないという状態でした。その間NASは反応が悪く使いものになりません。このスクラブが遅い件は海外フォーラムでもたまに問題になっており、NASを初期化したら直ったというあまり受け入れたくない結末ばかり。そうせずにすむ(かもしれない)解法をたまたま見つけたのでお知らせします。

それは、スナップショット(過去のファイルに戻せる機能)と Bit Rot 保護(リードエラー時にファイルを修復する機能?)を全共有でオフにし、保存されているスナップショットを全て消す、です。ひょっとしたら最後のだけでいいかもしれません。

[スナップショット削除の方法を教えてください。 | ネットギア【NETGEAR】]

当初あきらめて初期化を決めたんですが、10ヶ月分、数百GBのスナップショットがあってバックアップにじゃまだと思い削除したのが効きました。通常のバックアップだとそもそもスナップショットはコピーされないようなので、報告されている初期化(+リストア)で解決するのはこのためかもしれません。


何十日もかかりそうだったスクラブが13時間43分で完了しました。構成は3TBのWD Red 3台のX-RAID。FW 6.8.0。

スクラブを開始するといくつもの kworker プロセスがCPUを占拠し始めるのは解決前後で変わらず、ただ異常時は btrfs が上位にほとんど登場しなかったような気がします(うろ覚え)。

あ。あと、いつの間にか24時間ずっと点きっぱなしになっていたフロントパネル照明が、タッチしたときにだけ点灯する正常動作にこのタイミングで直っていました。ふしぎ。。。

 

■追記 17/9/5 : スナップショット21日分、全共有BitRot保護、TimeMachine 500GBに設定してのスクラブは19時間半でした。倍ですね。どれが時間増えた原因かわかりません。


■追記 17/10/1
: FW6.8.1にしたらまたフロントパネル照明が点きっぱなしに(涙)。


■追記 17/10/5
: BitRot保護を全共有でオフにしスクラブをしてみたところ24時間10分かかりました。先月から4時間以上延びてます。。。関係無いですけど途中から kworker プロセス群のCPU使用率がぐっと下がるんですがそうなるとスピードアップするみたい。


■追記 17/10/6
: スクラブを遅くする原因はスナップショットだと結論づけました。

・ReadyNAS316の状況 : WD RED 3TB x 3 / データ1.67TB / 空き容量3.78TB / スナップショット50GBぐらい

・スナップショット機能だけを全共有でオフにし(念のため再起動後)スクラブ。2時間0分で5.89%の進みは昨日と同じなのでここで中止。

・さらにスナップショットも全消去し再起動すると、FWアップデート後点きっぱなしになってた照明が消えました(なぞ)。そのままスクラブし、2時間0分で7.46%、3時間10分で11.88%、6時間18分で40.19%、9時間0分で71.71%、10時間30分で86.99%、11時間55分で終了。

・急激に速度が上がった 40.19%の時点では、高負荷の kworker がいなくなっていました。ディスク全体をチェックするというスクラブですが、ディスク使用量が30%なのを考えると、空き部分では進みが速いのかも。

・で。スナップショットはもう使いません。またBit Rot保護は「仮想環境のデータストアとして使用する場合、パフォーマンスに影響があるため無効にすることを推奨します」とありデフォルトでもオフですが、これはオンにしようかな。あとスクラブ関係では、動作中はTimeMachineがタイムアウトになるのか最初からとりなおしになる場合が多いのでMacのバックアップをNASに入れるのはやめようと考えてます。


■追記 17/10/16
: Bit Rot保護のオンオフをCrystalDiskMarkでベンチマークをとってみました。他で書いてますがこのReadyNAS316は標準2GBのメモリを4GBに交換してあります。

まずオフ(BitRot保護無し)の状態。

オン(保護)の状態。シーケンシャルライトが数パーセント遅くなってますが、4kのリードは数パーセント速いという、誤差と言えそうな言えなそうな、なんだかよくわからない感じ。まあBitRot保護はオンにしようと思います。

■追記 17/12/28 : 少し前の状態のファイルがほしいってことやっぱあるので、今は一部の共有だけスナップショットを2日保持するようにしてます。BitRot保護は全部オン。上記以降スクラブはまだしてません。

■追記 18/1/10 : ReadyNAS 526Xとの比較をはじめました。こちらをどうぞ

■追記 18/4/10 : ReadyNAS 526Xでスクラブしてみました。上記リンク記載の構成の通り WD Red WD40EFRX-RT2 (4TB) x 3台のX-RAID(RAID5) で、データ2.76TB / スナップショット1週間44コ14.28GBの場合18時間38分。直後にスナップショットを全部削除しスクラブしたところ2/3の12時間15分でした。スナップショットの期間はこのあたりかなあ。

■追記 18/8/9 : これまで約1.3TBの共有1つをスナップショットしていましたが、履歴が欲しいファイル132GBだけ残しあとはスナップショットしない別共有に移動しておいたところ、スクラブが上で全削除した場合と大きくは変わらない時間で終わりました。データ2.91TB / スナップショット1週間28コ38.76GBが13時間2分。前回と異なるCPU冷却性能アップ化がそう効いたとも思えませんので、もしかしたらファイル変更の有無にかかわらず共有フォルダ全体がスナップショットの分だけ何度もスクラブされているのかもしれません。だとしたらなんてあほな仕組みなんでしょう。

そうそう以前切っていたTime MachineはSMBで使っています。スクラブと関係無くたまに動作がおかしくなりますが。。。

■追記 18/8/24 :ページキャッシュを約8倍にしました。データ2.94TB / スナップショットをとっている共有の使用量132GB、スナップショット3週47コ38.87GBで14時間23分。スクラブはほぼリードでしょうから予想通りキャッシュは影響しませんでした。あと、スナップショットの数以外は前回とだいたい同じでも1時間以上増えており、やっぱり前述の考察は当たってるかも。


■ スクラブまとめ 18/08/24

・スナップショットを削除すると早くなる

・スナップショットのオンオフ、Bit Rot保護は早さに無関係

・ディスク使用量が多いと遅くなる。この部分は主にCPUスピードに、空き領域はディスクスピードに影響される

・スナップショットをとる共有はスリムにすると早くなる

・メモリやディスクキャッシュの量は早さに無関係

ReadyNAS 316 メモリ交換

DSC_0337

NAS (ネットワークにつながるディスクドライブ?)の1台に Netgear ReadyNAS 316 を使ってるんですが、純正内蔵メモリは 2GB のふつうの SO-DIMM DDR3-1333 だったので、これを 4GB のものに交換してみました。ReadyNAS 316 の CPU (Atom / Cedarview) がサポートする最大容量です。

分解はそこそこまんどくさいです。

DSC_0331

矢印右が元々入ってたメモリ。

交換後は Boot Menu からメモリチェックを行うべきなのですがファームウェア 6.4.0 から本体のタッチパネルが動かなくなってチェックできないので「ちゃんと動いてますように」と祈りながら使ってます。今のところだいじょうぶ。

さて使用感ですが、違いはわかりません。なんか気分いいけど信頼性はちょっと落ちたという感じですかね 。

 

■ ‘18.08.20 追記

メモリ交換してもよくわかんなかった理由が判明しました

ReadyNASでオフラインファイルの同期に失敗

最近、開発データの類を置いているNASのWindowsHomeServer機が夜中に死ぬという怪奇現象(?)が頻発していました。
調べている内にデータが壊れても困るので過去に少し使ったことがあるNETGEARのReadyNAS Ultra4を導入し、無事コピーも終え一安心だったのですが…。

一部ファイルはノートPCにWindowsのオフラインファイル機能で同期してるのですが、ReadyNASだと「プロセスはファイルにアクセスできません」といわれ同期に失敗してしまいます。
いろいろ調べてMicrosoftの開発チームblogの内容で解決できたので検索用に書いておきます。

Using Offline Files with Samba

環境:
RAIDiator-x86 4.2.19
オフラインファイルを試したのはWindows7のみ(64/32bit版とも)

1. “Enable Root SSH Access”のアドオンを入れる
2. sshにてrootでログイン
3. viなどで /etc/samba/smb.conf の [global] に以下を追加・変更する

oplocks = yes    ← 標準で 0 になってる
level2 oplocks = yes
kernel oplocks = no

4. samba(またはReadyNAS)を再起動

ただこれをせずとも共有ディレクトリでの同期は問題なかったのでパーミッションの設定だけで済んだのかもしれません。

 

追記:
ReadyNAS 316のファームウェア6.5.2で、アップデートで変わったのか自分で変更したのかよくわかりませんwが同じエラーが出るようになりました。同じ方法で直ったので追記します。ただ設定するファイルは上記3のじゃなく、

/etc/frontview/samba/smb.conf.overrides

あたりがいいと思います。たぶん。

 

追記:
ちょっと定かじゃないんですがFW 6.8のころからかReadyNAS内の編集中の共有ファイルが突然ロックされ保存できなくなることがごくたまに起こるようになりました。どうも oplocks が影響しているようで、オフにしたらそれ以来ロックされることは無くなりました。先述の、オンにしないと同期できなかったオフラインファイルも、今はなぜかオフで問題ありません。

 

追記:
買ってきたばかりのReadyNASはWindows10のオフラインファイルがそのまま使えてますので今はsambaの設定を変更する必要な全くないようです。

 

追記:
SMB Plusという純正アプリ(アドオン)でSambaの設定をいじってるとデフォルトがわかんなくなって涙目になることがあります。以下の設定ファイルに書き込まれるようなので削除・リネーム・書き換えなどしてサービスを再起動すればいいんじゃないかと思います。SMB Plusは何をしているのかわかりづらい面もあるので使わずにここに直接書くのがいいでしょう。

/etc/frontview/samba/smb.conf.overrides