NETGEAR ReadyNAS 316 というNAS(ネットワークのディスクみたいなの)を使ってるんですが、定期的に行うスクラブ(SCRUB : ファイルの自然破損を防ぐために全領域を再書き込みする機能)がいつの頃から何日もかかるようになり、直近では24時間で2%しか終わらないという状態でした。その間NASは反応が悪く使いものになりません。このスクラブが遅い件は海外フォーラムでもたまに問題になっており、NASを初期化したら直ったというあまり受け入れたくない結末ばかり。そうせずにすむ(かもしれない)解法をたまたま見つけたのでお知らせします。

それは、スナップショット(過去のファイルに戻せる機能)と Bit Rot 保護(リードエラー時にファイルを修復する機能?)を全共有でオフにし、保存されているスナップショットを全て消す、です。ひょっとしたら最後のだけでいいかもしれません。

[スナップショット削除の方法を教えてください。 | ネットギア【NETGEAR】]

当初あきらめて初期化を決めたんですが、10ヶ月分、数百GBのスナップショットがあってバックアップにじゃまだと思い削除したのが効きました。通常のバックアップだとそもそもスナップショットはコピーされないようなので、報告されている初期化(+リストア)で解決するのはこのためかもしれません。


何十日もかかりそうだったスクラブが10時間ちょっとで完了しました。反応の遅さは感じますがこの間もNASは普通に使用できました。構成は3TBのWD Red 3台のX-RAID。FW 6.8.0。

スクラブを開始するといくつもの kworker プロセスがCPUを占拠し始めるのは解決前後で変わらず、ただ異常時は btrfs が上位にほとんど登場しなかったような気がします(うろ覚え)。

あ。あと、いつの間にか24時間ずっと点きっぱなしになっていたフロントパネル照明が、タッチしたときにだけ点灯する正常動作にこのタイミングで直っていました。ふしぎ。。。

■追記 17/9/5 : スナップショット21日分、全共有BitRot保護、TimeMachine 500GBに設定してのスクラブは19時間半でした。倍ですね。どれが時間増えた原因かわかりません。