JB64W JB74W ジムニー用トラコンキャンセル装置 発売

新型ジムニー JB64W/JB74W 用トラクションコントロール(ESP)カット装置“VSCキャンセラー”がタイヤラウンジさんから’19年10月発売されます。技術協力。

純正ESP OFFボタン操作では全カットとはならず、30km/h以上でそれさえも通常のON状態に戻されてしまいますが、VSCキャンセラーは全速度域で制御を完全オフにできます。なお安全のためABS機能は残しました。

ボタン操作により停止中はいつでもESPのOFF/ONが切り替えられ、またエンジン再始動後もその状態をキープするため、設定後は常にお好みのモードで走行いただけます。

ご予約はタイヤラウンジさんオンラインショップまで。

ヴィッツ 後輪回転異常によるスロットル制御を対処

現行ヴィッツのスポーツ走行時などに起こる、後輪が前輪と大きく異なる回転だった場合に電スロが一時的に閉じてしまう問題を(たぶん)解決しました。

困っている方も(ごく一部に)いらっしゃると思いますが、ほぼワンオフで高額になるため、一般販売は行っていません。

86 GR ダウンフォース計測

三栄(旧 三栄書房)さんの依頼で、86 GRに専用装着される純正エアロデバイスの効果を調べました。

予め取り付けた四輪のサスペンションストロークセンサー(VOLTEXさんより借用)の動きをロガーで記録し、富士スピードウェイのストレートエンド付近でのバネレート×変化量からその車速での簡易的なダウンフォースを求めます。

GR専用エアロは写真のフロントリップやサイドフィンの他、フロントとリヤのアンダーパネル、トランクスポイラーなどがあり、これらを順に素の86後期に取り付け丸1日何本もの走行を行いました。ドライバーはGT300でも86のステアリングを握る松井孝允選手です。

さすがメーカー純正、見た目だけじゃない効果ながら、単品で付ければいいというものでもないという内容でした。詳しくは発売中の“GRのすべて Vol.4”をご覧下さい。

なお専用エアロといっても普通にディーラーや部販で購入できるようです。

JB74W ジムニーシエラ ESPシステム要点検 修理

チューニングした JB74W ジムニー シエラのステアリング角センサー校正未完了によるESP、パワステその他もろもろエラーの不具合をタイヤラウンジさんと修理しました。JB64W ジムニーでも起きる可能性はあります。

過去掲載の ZC33S スイフトスポーツと同様スズキ純正診断機でも校正が行えずABSユニット交換(総額20まんえん以上)が必要になるパターンでしたが、同じように通信的に解決することができました。技術力関係無くディーラーでは今のところ交換以外では直せません。

お困りの方はご予約の上、タイヤラウンジさんまで車両持ち込みください。スズキ車に一番精通しているお店なのでたいていはなんとかしてくれると思います。なおうちでは修理、お問い合わせは承っておりません(スズキの開発部門のぞく)。

LS500 車高が安定しないのはロワリングキットのせい?

レクサス LS500 / LS500h エアサスECUの車高センサー内部補正値を調整するツールを試作しました。

ユージーランドボディー製エアサスコントローラーアドバンスの技術協力中、これとは関係無いみょうなタイミングで車高が自動的に上がってきたりして、それがずっとナゾでした。テスト車両にはロワリングキット(センサー位置を変更しシャコタンにする社外製ロッド)が装着されています。

LS500 はこれまでのクルマと比べロワリングキットの調整が難しく、少し動かしたぐらいではクルマは全く反応しないくせにちょっとしたことでグイっと車高が変わったり、また試走路の状況で左右の車高に差が出たりと、とっても大変とのこと。

エアサス解析の中でこのクルマのECU内部車高値が不揃いなことはわかっていたので、今回のツールで横方向のみ実車高を加味したほぼ正確な水平状態に補正したところ、ナゾの車高調整が入ることが無くなりました(加減速などの姿勢変化や悪路走行による自動調整は行われます)。どうも左右に差があるとECUはその時々で高い方だったり低い方だったりを見て車高をあわせにいくようで、そのずれの分で安定しなかったみたいです。

こういった調整ツール無しでロワリングキットできっちりローダウンさせるためにはLS500の場合、補正後車高(ECU内部値)がモニターできる診断機を見ながら、タイヤが接地した状態で車を上げられるアライメント用リフトなどで作業を行う必要がありそうですが、一般的なショップにはない設備なので実際にはなかなか難しいかもしれません。実際これまで見てきたロワリングキット装着車の半数以上のLS500は実車高もECU内部値も左右が大きくずれていました。

ですのでこれからローダウンする場合はロワリングキットではなくユージーランドボディー製エアサスコントローラーアドバンスをおすすめします。すでにロワリングキットが装着されており気になる方は専用機材を持つユージーランドボディーさんのようなプロショップで有料診断してもらってください。

なお取引先以外の調整は承りません。ツール販売の予定もありません。

ユージーランドボディー製 LS500 / LS500h 用エアサスコントローラーアドバンスの詳細はこちら。

エアサスコントローラー取り外し用アダプター

技術協力のユージーランドボディー製 レクサス LS500 / LS500h 用エアサスコントローラーアドバンス用に、コントローラー(操作部)を外しても問題ないようにするアダプターをつくりました。

コントローラー(操作部)が装着されていることでディーラーに入庫を断わられる、車検が通らないなどの時にこれに入れ替えます。単純に外すだけだとメーターディスプレイに山盛りの異常が表示されます。

アダプターはエアサスコントローラーアドバンス指定のコントローラー(操作部)用ハーネスに対応、別売りオプションです。

詳しくはユージーランドボディーさんまで。

LS500 エアサスコントローラー アドバンス 完成

技術協力の、新型レクサス LS500 / LS500h 用エアサスコントローラーアドバンス(ユージーランドボディー製)が完成しました。任意に設定した車高での走行を実現します。RWD・AWDとも動作確認済。

LS500のサスペンションECUは非常に複雑な車高制御を行っているため、一般的なエアサスコントローラーを取り付けただけでは操作中に制御がロックされ動作しなくなったり、高速走行で車高を下げる純正機能がローダウン状態からさらに働いたりとなかなか危険でした。

そこでユージーランドボディーさんではECUに直接作用する追加モジュールを新たに開発、純正機能を生かしながらこれらの問題を解決することに成功しました。なお車高設定操作には写真の既存製品を用います。

すでにロアリングキットをお使いの方の、いつの間にか上がっちゃう車高に対応して低めに設定すると今度は高速走行で底突きするというジレンマにもユージーランドボディー製エアサスコントローラーアドバンスは有効です。

お問い合わせ・ご購入はユージーランドボディーさんまで。複雑な取り付け作業が必要ですので、基本的には同社または指定ショップへの入庫が必要です。

※ 本製品は走行可能な範囲内で車高を調整するためのものです。イベント、オフ会などでエア・ゼロの限界にまでローダウンさせる場合は同社製“ゼロシステム”をお使いください

86/BRZ AT オートマチックダウンシフター

オートプロデュースボス製 86/BRZ用オートマチックダウンシフターの技術協力を行いました。

ダウン時のエンジン回転がオーバーレブまたはそれに近い域の場合クルマによって操作がキャンセルされますが、装置がこの操作を記憶し、ミリ秒単位の最短タイミングで自動シフトダウンを行います。

仮にダウン後のエンジン回転が6500rpm以下でシフトチェンジ可能というECU仕様(未確認)だとすると、その時の回転・車速は、計算では次の値以下でなければならず、特に低いギアは思いのほか待たされます。

ギア エンジン回転(rpm) 車速(km/h)
2 → 1 3785 54
3 → 2 4430 92
4 → 3 4630 136
5 → 4 4635 190
6 → 5 5306 267

 

もうパドルを連打する必要はありません。ダウン予約を入れすぎた場合もブレーキペダルを離せばクリアされます。

サーキットなどスポーツ走行で役に立つのはもちろん、街乗りでも思いのほか楽しいです。

詳しくはオートプロデュースボスさんまでお問い合わせ下さい。

LS500 ローダウン エアサスコントローラー開発中

ユージーランドボディーさんによるレクサス LS500 / LS500h 用エアサスコントロールシステム開発の技術協力をしています。なお写真は同社製アーム“SSキット”装着車のため純正ではここまでは下がりません。

エアサスコントローラー自体は高性能な既存品を用いますが、実際に使うにあたってLS500の場合は別に、高速道路走行時の純正車高ダウン機能により危険域まで下がってしまう、ローダウン限界を越えた設定で車高調整がロックされてしまう問題などを解決する必要があり、現在対策中です。

追記 : LS500用エアサスコントローラーアドバンス完成しました。詳しくはこちら

なおショーアップ目的のド シャコタン化には発売中のゼロ・システムをどうぞ。ECUを直接制御し、エアサスコントローラでは実現できない、エアゼロの限界まで下げます。走行不可。LS460/LS600h版も発売中です。

お問い合わせ等はユージーランドボディーさんまで

光造形3Dプリンターで貼り付けスイッチ製作

光造形3Dプリンターで小型のLEDプッシュスイッチを作ってみました。貼り付けタイプって意外と売ってないんですよね。

材料(レジン)や形状に光造形ならではの苦労が割とつまってます。

自分で使う以外に今のところ用途はありませんがいつか何かの製品に添付されるかもしれません。

86前期メーターにオープニング追加デモ

86/BRZの通信チェックのついでに、スピード・タコメーターがぐいーんと動くオープニング(ニードルスイープ)を付けてみました。

メーター内部的にはほんとに走行してるのでシートベルトしてないと警告音がうるさいとかオドメーターが進んじゃうかもしれないとかあるので製品化予定はありません。

ベントレーにブリッピング機能を追加

ベントレー コンチネンタルGTに、純正にはついていないブリッピング機能を加えるユージーランドボディーさんの技術サポートをしました。

様々なメルセデスベンツ用をラインナップする同社でもベントレーは初めてだったそうで解析には少し時間がかかりましたが、シフトダウン時のエンジン回転をあわせこむことで、6リットルV12の咆哮とともにきわめてスムーズなギアチェンジがされるようになっていました。

パドルシフトによるドライビングがかなり楽しくなります。

お問い合わせはユージーランドボディーさんまで

OBD2に挿すだけ限界ローダウン LS500 / LS460 / LS600h

レクサス LS500 / LS500h 用、LS460 / LS460L / LS600h / LS600hL 用シャコタン装置“ゼロ・システム”(ユージーランドボディー製)の技術協力を行いました。
※ 写真は同社サスペンションアーム“SSキット”を装着したLS500で使用

車高センサーをアナログ的に調整するエアサスコントローラーとは異なりECUを直接操作する独自方式のため車両のOBD2診断ポートに挿すだけで装置が車両の状態を探りながら限界(エアサスの内圧がゼロになる、バンプラバーやアームにのる、着陸するなど)まで車高を下げます。エアサスコントローラやロワリングキットとの併用も可能。特にLS500用はダウン・アップとも1分程度で完了する高速動作を実現しました。

走行不可ですが、駐車場やオフ会、イベントなどでいちばんのシャコタンを手軽に実現できます。

さらにLS460/600h用には、エアサスコントローラー調整中にまれに起きる、中途半端な車高で純正制御がロックしてしまう症状を復旧するお助け機能も装備しました。

要望があれば“ゼロシステム”のクラウンマジェスタ、セルシオ版の開発も行うそうです。

ご購入、お問い合わせはユージーランドボディーさんまで。

走行できる範囲内で車高を調整するLS500/LS500h用エアサスコントローラーアドバンスも開発協力しました。詳しくはこちら。

Anycubic Photon 消臭フィルター取付とか

格安の光造形3Dプリンター “Anycubic Photon” が印刷時の化学反応でなかなかの異臭を放つんで、有機ガスフィルターを通して排気するようにしてみました。なおアダプター類はサイズの関係で別の熱熔解積層プリンター(QIDI TECH 1)で印刷しています。この投稿の最後でまとめて3Dデータ公開中。

排気部分はアダプターの他に防塵有機ガスフィルター “3M 3311J-100-S1”DCブロアファン “PABD19735BH”(結構高い)、降圧DC-DCモジュール(別のでも自作でもOK)に適当なケース、M4x100mmのネジ・ナット類2本セット(ホームセンターでたぶん購入可)を準備し組み立て、天板と入れ替えます。フィルターは割とぴったりはまりますが少しのすきまも気になる方は厚手のテープなどを巻いてください。ファンの12V電源は後述のようにPhotonから取りますがそのままだと騒音がすごいのでDC-DCモジュールで5V程度に調整して使うのがいいでしょう(下げすぎるとモーターの起動電力不足で回転し始めないので注意)。容量のあるシロッコファンなのでそれでも吸引します。このモジュールはポテンションメーター左回しで電圧が下がるので購入直後はたくさんまわしてください。

上記のメインの作業前に、純正の排気機構を取り外します。本体裏側を外すと(ネジは両サイドの4本とフタを開けたところの2本)金属ケースに入った活性炭フィルタがあるので丸ごとポイ。六角レンチが入らないネジはプライヤーでちびちびつまんでください。排気ファンの配線がここにはさまれているので、切っちゃう場合はそのままでもいいです。

ここが純正排気ファンの12V電源なので、プラグをすきまから引っこ抜いて、別に準備した電線で先のDC-DCモジュールに接続します。プラスマイナスは基板にシルク印刷されていますが写真の赤線がプラス側です。配線は裏ブタのすきまを通すと思いますがこすれるところは充分保護をして下さい。

本体裏ブタの液晶パネルにつながるケーブル類が作業のじゃまになる場合、フラットケーブルは写真の黒いプレートの両端を爪でケーブル側に2mmほどゆっくりずらすと外れます。

排気穴はテープか、ムダにプレートをつくって塞ぎます。

吸気はフロント下部からだけさせたい!とこだわる場合、防水ソフトテープ “ニトムズ E0322”を半分に切り、折り返しの部分に(フタが閉まるよう)写真のように2mmほどずらして貼ります。

さて効果ですが、少し臭いは出るものの閉め切った部屋でも我慢できる範囲になりました。すごく軽減されています。作って良かったー。あとはフィルターがどれだけもつかですね。

 

■ おまけ

180度に開くフタのおかげで上と背後にムダにスペースが必要なので、90度で止められる部品をつくりました。使い方は下側の溝をPhotonのサイドに沿わせてずらしフタのエッジをとらえたら下側をパチンとはめる、という感じです。慣れれば簡単。Photonの製品誤差で修正が必要になるかもしれません。

思いのほか高額なUVレジンですが、オーストラリアのMONOCURE3Dが安いです。性能もそれなりなようですが送料・関税含めても割が合いそう。初回15%引き、今見たらクリスマス前セールで20%引きでした。4,5日で届きます。PhotonではRAPIDタイプを選んで下さい。スライサ設定は有志によるこちらの表が参考になります。

 

■ 3Dデータ(stl)

すべて熱溶解積層プリンター(サポート材無し)で印刷できます。サイズがわりとぴったりなのでPLAや収縮しづらい素材がおすすめ。ノズル0.4mm、ピッチ0.3mm、インフィル30%で印刷しました。なお一番大きい排気アダプターは141 x 141 x 37mmです。

フィルターアダプター ベース
フィルターアダプター トップ
排気口をふさぐプレート
おまけのドアストッパー

OBD2-Bluetooth変換装置でエボ10 ACD/AYC 値表示

車両診断ポートOBD2とBluetoothを変換する装置を試作したので、CZ4A ランサーエボ10の可変四駆機構“S-AWC”のECU値をiPhoneに表示させてみました。純正メーターディスプレイに出る簡略化されたものとはだいぶ異なります。

過去に同じような装置を7セグLEDでつくりましたが、表示の都合上AYCの向きがドットで示されるというとてもわかりづらいものでした。

左コーナーの様子ですが(法定速度内で安全に充分気をつけて走行)、ACD/AYCの特徴がよくわかります。

1. ブレーキを踏んだところでACDを拘束し四駆状態の安定した減速を行う
2. コーナーでAYCを外側に効かせることで車両を素早く曲げる
3. 都度AYC内側にも力をかけることで軽くカウンターをあてロール・過度なヨーを抑える(想像)
4. ACDを効かせ四駆状態で立ち上がる

エボ10すごいですわね。

この四駆ぐあいを任意に変更できる Do-Luck製DTM2 がどのように効果があるのかも目で理解できます。

なお試作のため販売はしません。

3Dプリンターのモーター動作異常を修理

QIDI TECH 1というMakerbot Replicator互換の熱溶解積層3Dプリンターを使用中、X軸のステッピングモーターが突然グガガガガガっという異音とともに震えはじめました。

JOG MODEで動作させながらモーター配線を2本ずつオシロで見ていくと1つだけ信号が出ていません。

使われている電線は普通のキャブタイヤケーブルのようで、印刷に伴う度重なる折曲げで断線したっぽいです。モータードライバー故障の可能性もありましたが今回は違いました。

モーターに使われていた JST PH コネクター はたまたま在庫していたので、工作機械の可動部用の柔軟な電線を使い、再度切れてもすぐ直せるようてきとうなコネクターで脱着できるものに交換しました。

ハーネス固定用のネジはスタッドなので側面パネルを外す必要はありませんが、でも外した方が作業は楽でしょう。

同じ回数折り曲げられている原点センサーの配線も可動部用に交換するつもりでしたがこっちはシールド線で、手持ちが無かったので中止。センサーコネクターは MOLEX SL 50-57-9404 です。

純正配線の太さは、モーター用がAWG22、原点センサー用がAWG24でした。

親戚のFLASHFORGE Creator Proなども含め、UFOキャッチャー型の古めな格安3Dプリンターでは同じ症状が出るかもしれません。

壊れたHDDを基板交換して修理

読み込めなくなったハードディスク(Western Digital WD1600JS)の修理依頼がありました。電源を入れ少し経つとカコっという音ともにディスクの回転が止まるという症状です。

ベアリング不良なら温めだねっ!とドライフルーツメーカー(3Dプリンターのフィラメントや湿度管理ができていなかった電子部品の除湿にも便利)に60℃ 3時間入れてみたところ、逆にうんともすんとも言わなくなってしまいました。あちゃー。
(実際には写真の向きとは裏表逆に温めます。そうでないとシールから漏れたオイルがディスク面に落ちちゃう恐れがあります)

分解してディスクを手で回してみました。引っかかりなど無いのでモーターか駆動回路じゃないかと想像。電気入れていると基板の電源回路がみょうに熱くなっています。

ヘッドがディスク上にあって違和感ありますが古いドライブではこれが普通みたいですね。

ヤフオクで運良く製造日が1日しか違わない同じ型式の中古品が手に入ったので基板を交換してみます。日が離れているものだと基板やファームウェアが変更されている確率が上がります。

これにあたり故障HDDの個体情報が保存されたEEPROMをドナーのものと入れ替えます。そうでないとディスクが回るだけでマウントされませんでした。ただ表面実装部品の脱着は一般的にはちょっと難しいかもしれません。方法としては片側4ピンをまとめて温められる幅広なナイフ型の先をつけたはんだごて2本で両側からはさむ、表面実装部品取り外しキットを使う、リフロー用ヒートガンを使う、あたりでしょうか。

試してませんがEEPROMをはがさずピンにICクリップをつけROMライターでデータをコピーするという手もあります。

無事PCから認識されました。ただ分解したことで(十分注意しましたが)きっとホコリが入っているので早めにバックアップを取りその後ドライブは捨てます。

コピーはUSB-SATA変換ケーブルとPCで行ってもいいんですがその間ちょっと不便なのでクローン機能付きHDDスタンドを使うのがラク。たぶんよけいなエラー検知機能とか無いのでよりローレベルでのコピーが行われることも少し期待できます。

お客さんのPCに戻し動作チェックを行って作業終わり。

修理、ご質問は承っておりません。

86/BRZ用VSC Canceller II

オートプロデュースボスさんから86/BRZ用 VSC Canceller II が発売されました。技術協力。

トラクションコントロールを全カットする VSC Canceller はスポーツ走行には今や定番のアイテムですが、II ではこれにABS(VDC)異常時の警告LEDとリセット機能が追加されました

同車ラジアルタイヤコースレコードをいくつかのサーキットで持つボス号はGやヨーがABSの設定限界を超えるのかエラーでブレーキが正常に効かなくなることがあり、全開アタックに支障をきたしていました。そこで同社にて、ABS異常時ドライバーに注意を喚起し、また無事ピットまで戻れるための制御を組み込んだ装置が開発されました。アタックカーで2年近くテストしており効果はタイムが実証済です。

年々86/BRZのチューニングやタイヤグリップのレベルが純正からかけ離れてきているので、ショップデモカークラスでは安全のため VSC Canceller II を装着なさることを割と強くおすすめします。サーキットユースオンリー。

詳しくは Auto Produce BOSS さんまでお問い合わせください。

VirtualBoxが“VT-x is disabled”で起動できない

Windowsの古いアプリケーションは現行OSで動かない場合があるので VirtualBox という仮想化ソフトウェアでXP等を起動してそこで使ったりします。

それがいつの間にか“VT-x is disabled in the BIOS for all CPU modes (VERR_VMX_MSR_ALL_VMX_DISABLED)”とのエラーでOSが起動しなくなりました。BIOSのVT-xがEnabledになっていることは確認済。

VirtualBOXのVM設定の [アクセラレーション] も選択できなくなっています。

一般的には [Windowsの機能] ([コントロールパネル] – [プログラムと機能] – [Windowsの機能の有効化または無効化]) の“Hyper-V”に入っているチェックを外すようですが、うちの場合は入っていません。

さてその場合の解法(?)ですが、

1. Hyper-Vにチェックを入れて再起動
2. Hyper-Vのチェックを外して再起動

でした。なにそれーって感じです。先の [アクセラレーション] も選べるようになり無事WindowsXPが起動できました。

ただその後ネットワークの一部がつながらなくなっていました。Hyper-Vのオン・オフでナゾの“vEthernet”アダプターが追加されていたのでこれを無効にすることで接続不良が解消されました。

ランサーエボ10 ウインカーオフセットアダプターの3Dデータ

営業車のランサーエボリューション10には社外ハンドルに60mmスペーサーを入れているのでコラムレバーが遠くてウインカー(turn signal switch)操作が面倒でした。今回熱溶解積層3Dプリンターでそのオフセットアダプターを作ったのでデータを公開します。サポート材不要。MOMOのRace / 350mmにあわせ手前だけでなく下側にもそれぞれ約40mm伸ばしました。

ランサーエボ10 ウインカーレバーオフセットアダプター データ(stl)

純正レバーには傷・すべり止めのため 3Mの落下抑制テープ(GN-180) を1周貼って下さい。それでいいあんばいになるよう作ってあります。ネジはM3x10mm。

装着はアダプターのリング部分を広げてレバーに通して締め付けるという方法なのでインフィルをがっちり入れちゃうとたいへんかもしれません。写真のはABS材、インフィル20%、レイヤー厚0.3mmでつくりました。

このアダプターはエボX(CZ4A)だけでなくギャランフォルティス(CY4A, CX4A)にもたぶん付きます。写真のレバーの三菱車ならなんでもいいでしょう。

1つのプリントに1時間半かかるので調整はまあまあ手間でした。

実車ではこんな感じ。ステアリングに親指をかけた状態で中指や人差し指を伸ばした位置にレバーがくるようにしてあります。そのままパッシングもできるので間違えてハイビームになっちゃうことも無くなりました(エボ10はレバーを引く強さでパッシングとハイビームがかわる、とてつもなくわずらわしい仕組み)。

ただオフセットアダプター操作のたび純正レバーに回転方向の余計な力がかかるのでほんとはあまりよくないかもしれません。

お問い合わせやご要望、販売等は承りません。