カテゴリー : [車種]アルト

カテゴリーの選択をクリアする

アルト用 車台番号再設定装置

HA36Sアルトワークス/ターボRS用に、ECU内の車台番号を変更できる機材を Battle Bee Racing さんご協力のもと製作しました。

車台番号は新車出荷時または新品ECU購入時に一度だけ設定可能で、通常はあとから変更することはできません。

アルトの純正ECUチューニングが今後盛んになりますが、ショップさんがECU通販時に予めこの機材で車台番号を書き込んだチューニングECUを先出し(下取り)すれば、お客さんが車に乗れない期間が最短ですみます。なおイモビライザーの再登録は別途必要です。この機材ではできません。

お問い合わせは Battle Bee Racing さんかココアシステムズまで。
先の写真は机上作業ですがもちろん車上でも問題ありません。

アルトターボRS用AGS最適化プログラム

IMG_1844

技術協力したHA36S アルトターボRS AGS(セミオートマ)最適化プログラムが、バトルビーレーシングさんから8月20日発売されます。

プロドライバーの菊地靖さんに本庄サーキット(埼玉)で調整前・後の乗り比べをして頂きましたがやはり最適化は好評価で、ラップタイムもぐっと上がる結果でした。詳しくは近日発売のレブスピード誌をご覧下さい。

当面は店頭での作業のみのようです。詳しくはバトルビーレーシングさんにお問い合わせ下さい。

アルトターボRSのAGS動作を改善

DSC00935

HA36S アルトターボRSのセミオートマ機構(AGS)は、クラッチに負担をかけないようコンピュータが「丁寧」にエンジン回転をあわせるため、シフトチェンジのゆっくり感がちょっと気になります。

この度タイヤラウンジさんがECUの調整でそのレスポンスを上げることに成功なさいました。ココアシステムズ技術協力。

近々一般販売(調整)予定のようです。当面は店頭での作業だけだと思いますが準備が整えば通販もできるようになるのではないでしょうか。

お問い合わせ等はタイヤラウンジさんまでどうぞ。

DSC00937

アルト用スピードリミッター解除装置の発売が決定

このところずっと技術協力を行っていたバトルビーレーショング製アルトターボRS/ワークス(HA36S)用スピードリミッター解除装置の発売開始日時が 5/20(金)12:00 に決まりました。標準価格48,800円(+消費税)。

IMG_1617_

初期ロットは少量のため公式オンラインショップだけの販売だそうです。ポン付けではありませんのでプロショップでの取り付け必須。
http://tirelounge.shop-pro.jp/

なおトラクションコントロール(ESP)解除装置の VSCキャンセラー(HA36S用)も同時利用可能です。

いずれの製品もお問い合わせはバトルビーレーシングさんまで。

アルトターボRSリミッターカット車速グラフ

altorslimittercut

バトルビーレーシングさん開発中のHA36Sアルトワークス/ターボRS用スピードリミッター解除装置の、ターボRSでの車速グラフです。技術協力製品。なお記録にはGPS付きデータロガー(Racetechnology DL1)を使用しました。

グラフでは140km/hのリミッターを越しても車速が伸びていることが確認できます。また純正ではその前の130km/hからアクセル全開でも電子制御スロットル(電スロ)がハーフになりほぼ加速しなくなってしまいますが、それも解消しています。

発売はゴールデンウイーク後になるのではないかと思います。初期ロットは数が少ないです。

追記 : 発売は2016年5月中旬だそうです。

お問い合わせはバトルビーレーシングさんまで。

ハイパミでアルト用リミッター解除装置テスト

IMG_1614

筑波サーキットで行われたハイパーミーティングのアルト5LAPSバトルで、開発中のリミッターカット装置のテストを行いました。バトルビーレーシングさんへの技術協力品。

IMG_1617

同レースエントリーのHA36Sアルトワークス/ターボRS数台にもテストをしていただきましたが特に問題なく予選・本選と走行なさったようでした。

もう少し調整する部分があるため発売は未定です。詳しくはタイヤラウンジさんにお問い合わせください。

アルト用リミッターカット装置に車速パルス出力追加

DSC_0660

バトルビーレーシングさん開発中のHA36Sアルト(ワークス/ターボRS)用スピードリミッターカット装置に、車速パルス出力がテスト装備されました。技術協力品。

2パルス5V限定ですが249km/hまで対応しています。

ただ仕様がまだ確定していないため製品では省かれるかもしれません。

スピードリミッターカッターの発売日は未定です。

アルトワークス用スピードリミッターカッター デモ動画

リフトであげた空走状態での、HA36Sアルトワークス用試作スピードリミッターカット装置のデモ動画です。バトルビーレーシングさんへの技術協力品。

トラクションコントール(ESP)のカットには、BBR製VSCキャンセラーを使用しました。

一般的にはリミッターカットのために車速信号を途中で止めるとスピードメーターもそこで停止します。この製品では軽自動車のリミッター速度140km/hを越えても動作するよういいあんばいにしておきました。ただOBD2ポートから得られる車速情報は残念ながら途中停止しています。

追記 : 制御に少し不具合が見つかったため、製品では動画と異なり、140km/hを少し越えたあたり(実車速130km/h)でスピードメーターは停止します。またOBD2ポートから得られる車速情報も同様に停止します。

発売は未定ですが、詳しくはバトルビーレーシングさんへ。

アルトワークス用スピードリミッターカッター開発中

DSC00915

アルト ワークス(HA36S)用スピードリミッターカット装置開発の技術協力を行っています。

DSC00913

エンジンECUに入る信号を調整することで、まだリフト上での空転状態ではありますが、5速・レブリミットで170km/hオーバーを記録しました。ちなみに軽自動車のスピードリミッターは140km/hです。

この車両は5速MTの二駆でしたが、近いうちに四駆でも確認します。ターボRSもそうですがAGS(セミオートマ)車は専用ECUがトランスミッションからの車速も見ててちょっと難しそうなのでしばらく後に。。。

今のところ車速信号をごまかしたことによるスピードメーターの表示異常が出ていますがこれは後日対策してみます。

発売日未定です。詳しくはタイヤラウンジさんへ。

アルトターボRS用VSCキャンセラーの試作機

DSC00803

2週間前にアルトターボRS(HA36S)の試乗車が出てから早々にタイヤラウンジさんが開発をスタートしていたトラクションコントロール(ESP)全カット装置“VSC Canceller”(VSCC)の技術協力を行っていましたが、このほどその試作機が完成しました。

DSC00806

純正で用意されているESPボタン長押しによるカットでは実は余計な姿勢制御がまだ残っていますが、このVSCCではそれも完全にカット。車による「強制減速」が無くなるため気持ちいいコーナリングが行えます。また記憶機能付きなのでVSCCをOBD2ポートに差しておけばエンジン再始動後もESP状態を自動復帰します。

アルトターボRS用VSCキャンセラーはバトルビーレーシング(BBR)さんより近日発売予定です。

追記 : 現在発売中です。お求めはこちら

追記 : アルトワークスにも対応しています。お求めはこちら