カテゴリー : 修理

カテゴリーの選択をクリアする

ZC33S スイスポの持病(仕様)についてわかっていることと対策少々

ZC33S スイフトスポーツの電子制御的な持病というか仕様について、タイヤラウンジとうちでわかっていること(わからないこと)を公開できる範囲でお知らせします。随時更新予定。ユーザの方が詳しく的確な内容もあるでしょうが、私たちは皆さんが想像するほどそういった情報に触れる機会が無いんです。

なお一切の問合せを承りません(取引先、スズキの開発部門のぞく)。

 

ステアリング交換してしばらく走行したらESPシステム要点検が表示された

交換後のステアリングが純正と全く同じ位置におさまればいいのですが、大きくずれたり、またそれをホイールアライメントで調整したりすると、G・ヨーレートセンサー的には直進しているのにステアリング舵角センサー的にはコーナリングしている状態が続き、ESP(ABS)が異常をきたす場合があります。ディスプレイにESPシステム要点検が常時表示されるようになると整備書では、軽傷で舵角センサー交換(3まんえん程度)、重傷だとESP交換(20まんえん程度)が必要とされています。過去にあった特殊事例ではなぜかさらにBCM(ボディーコントロールモジュール)もだめでした。重傷までの状態であればタイヤラウンジで比較的安価に調整・修理できるのであてずっぽな復旧に挑まず車両を持ち込むのがいいでしょう。

(電子制御的にきちんと調整できるショップがあまりないという意味で)ステアリング交換は推奨していませんが、行う場合は全てまっすぐになるよう調整しほぼ走行しない状態でディーラーでセンサー校正を行ってもらうといいと思います。たぶん。ただディーラーも社外部品に対するサポートをする理由はないので断られるかもしれません。YouTubeにタイヤラウンジでジムニーのステアリング交換をする動画がありますのでそちらも参考にして下さい

汎用ステアリングで純正ステアリングボタンが移設できない場合、チェックランプは点きませんが断線のダイアグが入ります。これにより車両に良からぬ制御が入るという話がありますので(ココアシステムズでは調査はしていません)、スイッチ代わりの抵抗器をつけるなり、スイッチマウント付きのボスをつけるなりしてダイアグが出ないようにするのがベターでしょう。タイヤラウンジ製新製品“BOSS”+拡張パックでは各種設定のためにステアリングスイッチのクルーズコントロール側が必須です。

 

エンジンECU書換で全域ブーストが上がらなくなるという都市伝説について

ECU書換を行う各ショップではそんなことになった車両が無く、(データの内容についてはともかく)対応に困っていたようでした。うちではこれを騒ぎ立てたショップ(以下N店)と、シャシダイで調整している最中に起こったというもう1台しか知りません。N店がブーストが上がらない説明にあげていたファストトルクダウン(点火時期調整)、スロートルクダウン(電スロ開度調整)という仕組みを含めタイヤラウンジと何週間もかけ制御を調べたところ、これらはESPから出されるトラクションコントロールのことを指し、後付け装置でその通信を調整することで同じ症状を起こすことができましたさらにファストトルクダウンを利用しフラットフットシフトとローンチコントロールも実現しました。また先の1台は再度ノーマルプログラムを書き込んでも元に戻らなかったらしく、タイヤラウンジに持ち込まれエンジンECUに一切ふれることなく開発済のツールを使って修理されました。つまりエンジンECU書換は関係無いということではないでしょうか。

ではなぜこうなったかですが、実走しないセッティングではフロントタイヤは回って加減速しているのにリヤタイヤとGセンサーは静止した状態が長時間続き、それでESPが異常をきたしたということが考えられます。

なおこれはノックやリミッターなど特殊状況での一時的なフェイルセーフによるもののことではなく、N店が最初に騒ぎ立てた症状についての調査です。タイヤラウンジよれば他にはパイピング交換の作業不良によるブースト異常も意外と多いそうです。お困りの方はタイヤラウンジに車両を持ち込んでください。

聞くところによるとN店ではあとになって、“優秀なESP”がECUセッティング不具合でのエンジンブローを防いでいるという新理論を展開しているようです。ECUの役割を越えてESPが細かいエンジンコンディションの面倒まで見るという仕組みは世界初では無いでしょうか。ECUのフェイルセーフ機能はもう不要、どんなデータでもESPがブローから守ってくれます! すげー!! 妄想に妄想で付き合うのはこれぐらいにして、ESPから常時トルクダウン要求が入るようになるECUデータと再現方法が公開されれば実車で検証します。

 

スポーツ走行で重ステになった

※ 通常走行でパワステが効かなくなることはありません。またスポーツ走行においても上級者でしか起きない症状です。

スズキは横転事故に対し超過敏になっているふしがあります。例えば現行ジムニー/ジムニーシエラ(JB64W/JB74W)では転ばないよう街乗りの右左折時にもスロットルを閉じるなど過度な安全制御が働いており、タイヤラウンジ製VSCキャンセラーをONにするだけでクルマが速く(というか素の状態に)なります。スイスポはそこまでの制御はされていませんが、重ステ化は、急ハンドルで横転するぐらいならそれ以上曲がらなくして、それでぶつかるとしても人命的にはベターという考えからそうされているのかもしれません。ルーフの剛性は横転の衝撃を充分には考えてないでしょうし、天井エアバッグも無いですし、はずみで人が放り出されることもあります。タイヤラウンジ製BOSS+拡張パックで成功した重ステ化回避の仕組みは、スズキがどういう条件が危険だと考えているのだろうというところを想像しながら百周近いサーキットテストで見つけたもので、やはりあえて入れている制御なのだと強く感じる内容でした。

なおBOSSで使っている仕組みではないため検証はしていませんが、コーナーでは大きな舵を急に入れないようゆっくり広く回れば(タイムはともかく)症状が起きにくいと想像します。

 

スポーツ走行でブレーキが効かなくなった

※ 通常走行でブレーキが効かなくなることはありません。またスポーツ走行においても上級者でしか起きない症状です。

この問題は未だに解決できていないので妄想の域ですが、上と同じように、オーバーステア・スピンモードで操作不能からの横転につながるならまっすぐ突っ込む方がベターという考えからそうされている気がします。とすると、強いブレーキングをするときには舵・ヨー・横Gを入れず、後輪を浮かせたりロックさせないように、まっすぐで終わらせるようにするといいかもしれません。リヤの車輪速がどこまで影響するか調査していませんがサスペンションやブレーキの調整でも改善されそうな気がします。全部未確認。

なお車種によってはヨーやGのセンサーが(車の中心という理想的な位置にある)エアバッグECUに内蔵されていたりするので技術的にはそのデータがABSに入る前に調整することもできますが、スイフトはABSユニットに組み込まれているので外部から何かするということが難しく、今のところ対策のアイデアが思い浮かびません。

 

発進時にエンストする

クラッチ操作だけで簡単に発進できる強いアイドルアップ機能がありますが、これが効かずにエンストするスイフトをごくたまにみかけます。原因はよくわかっていませんがタイヤラウンジで直せる場合があるので車両持ち込みしてください。

 

繰り返しますがココアシステムズでは一切の問合せを承りません(取引先、スズキの開発部門のぞく)。

大径タイヤのジムニーは過剰制御で挙動が不安定に

リフトアップで大径タイヤホイール装着のジムニーシエラ JB74W に、トラクションコントロールを全オフにするタイヤラウンジ製VSCキャンセラーをつけた時のことです。

ゆるいコーナーでもリヤがナゾのスライドをする非常に怖い挙動だったのが無くなりとてもスムーズになりました。

ジムニーにはオープンデフのリヤの空転を抑えるため勝手にブレーキをつまむブレーキLSDという機能が装備されています。たぶん大径タイヤにより車速やステアリング舵角などから計算されるヨーレートがセンサー値と大きくずれ、そのためオーバーステアと判断され過剰な制御がされていたのを、VSCキャンセラーの機能でスルーされたのだと思います。

クロカンなどでも入ったり入らなかったりする姿勢制御・スロットル調整に苦しめられるようですが、VSCキャンセラーでかなりの部分が気持ちよくなるはずです。ただブレーキLSDの代わりに機械式LSDは必要でしょう。

また逆にブレーキLSD標準装備のクルマで機械式LSDを使う場合もVSCキャンセラーが役に立ちます。車種違いですがGRスープラは未だブレーキLSDがカットできませんが、その状態で機械式LSDを装着してうまくコーナリングできなくなったクルマは多いです。

わりと高額になりますがVSCキャンセラーの改造でスピードメーターも正しく合わせられますので、ジムニーに関してはスズキ車に一番詳しいタイヤラウンジさんまでお問い合わせ下さい。

スズキ ESPシステム要点検 エラー修復装置

スイフトスポーツ(ZC33S)やジムニー・ジムニーシエラ(JB64W/JB74W)で多い、ステアリング交換時のミスなどによる“ESPシステム要点検”エラーを修復する装置を製作しました。

こうなると修理にはたいていステアリング舵角センサー・ESP(ABS)ユニット交換で20まんえんコースなところをタイヤラウンジさん(埼玉県)と部品無交換で直せたという記事を過去に書きましたが、それに必要な一部の操作をこの装置に仕込みました。

なお診断含めタイヤラウンジさんによる作業が別途必要でこれだけあってもあまり意味がありませんから貸出・販売は行いません。ご質問にもお答えできません(スズキの開発部門のぞく)。

このエラーの修理依頼はタイヤラウンジさんまで。ご予約、車両持ち込み必須です。

JB74W ジムニーシエラ ESPシステム要点検 修理

チューニングした JB74W ジムニー シエラのステアリング角センサー校正未完了によるESP、パワステその他もろもろエラーの不具合をタイヤラウンジさんと修理しました。JB64W ジムニーでも起きる可能性はあります。

過去掲載の ZC33S スイフトスポーツ同様にスズキ純正診断機でも校正が行えずABSユニット交換(総額20まんえん以上)が必要になるパターンでしたが、同じように通信的に解決することができました。技術力関係無くディーラーでは今のところ交換以外では直せません。

お困りの方はご予約の上、タイヤラウンジさんまで車両持ち込みください。スズキ車に一番精通しているお店なのでたいていはなんとかしてくれると思います。なおうちでは修理、お問い合わせは承っておりません(スズキの開発部門のぞく)。

3Dプリンターのモーター動作異常を修理

QIDI TECH 1というMakerbot Replicator互換の熱溶解積層3Dプリンターを使用中、X軸のステッピングモーターが突然グガガガガガっという異音とともに震えはじめました。

JOG MODEで動作させながらモーター配線を2本ずつオシロで見ていくと1つだけ信号が出ていません。

使われている電線は普通のキャブタイヤケーブルのようで、印刷に伴う度重なる折曲げで断線したっぽいです。モータードライバー故障の可能性もありましたが今回は違いました。

モーターに使われていた JST PH コネクター はたまたま在庫していたので、工作機械の可動部用の柔軟な電線を使い、再度切れてもすぐ直せるようてきとうなコネクターで脱着できるものに交換しました。

ハーネス固定用のネジはスタッドなので側面パネルを外す必要はありませんが、でも外した方が作業は楽でしょう。

同じ回数折り曲げられている原点センサーの配線も可動部用に交換するつもりでしたがこっちはシールド線で、手持ちが無かったので中止。センサーコネクターは MOLEX SL 50-57-9404 です。

純正配線の太さは、モーター用がAWG22、原点センサー用がAWG24でした。

親戚のFLASHFORGE Creator Proなども含め、UFOキャッチャー型の古めな格安3Dプリンターでは同じ症状が出るかもしれません。

壊れたHDDを基板交換して修理

読み込めなくなったハードディスク(Western Digital WD1600JS)の修理依頼がありました。電源を入れ少し経つとカコっという音ともにディスクの回転が止まるという症状です。

ベアリング不良なら温めだねっ!とドライフルーツメーカー(3Dプリンターのフィラメントや湿度管理ができていなかった電子部品の除湿にも便利)に60℃ 3時間入れてみたところ、逆にうんともすんとも言わなくなってしまいました。あちゃー。
(実際には写真の向きとは裏表逆に温めます。そうでないとシールから漏れたオイルがディスク面に落ちちゃう恐れがあります)

分解してディスクを手で回してみました。引っかかりなど無いのでモーターか駆動回路じゃないかと想像。電気入れていると基板の電源回路がみょうに熱くなっています。

ヘッドがディスク上にあって違和感ありますが古いドライブではこれが普通みたいですね。

ヤフオクで運良く製造日が1日しか違わない同じ型式の中古品が手に入ったので基板を交換してみます。日が離れているものだと基板やファームウェアが変更されている確率が上がります。

これにあたり故障HDDの個体情報が保存されたEEPROMをドナーのものと入れ替えます。そうでないとディスクが回るだけでマウントされませんでした。ただ表面実装部品の脱着は一般的にはちょっと難しいかもしれません。方法としては片側4ピンをまとめて温められる幅広なナイフ型の先をつけたはんだごて2本で両側からはさむ、表面実装部品取り外しキットを使う、リフロー用ヒートガンを使う、あたりでしょうか。

試してませんがEEPROMをはがさずピンにICクリップをつけROMライターでデータをコピーするという手もあります。

無事PCから認識されました。ただ分解したことで(十分注意しましたが)きっとホコリが入っているので早めにバックアップを取りその後ドライブは捨てます。

コピーはUSB-SATA変換ケーブルとPCで行ってもいいんですがその間ちょっと不便なのでクローン機能付きHDDスタンドを使うのがラク。たぶんよけいなエラー検知機能とか無いのでよりローレベルでのコピーが行われることも少し期待できます。

お客さんのPCに戻し動作チェックを行って作業終わり。

修理、ご質問は承っておりません。

HKS 初代A/Fノックアンプ 防水コネクター交換

開発車両で使ってるHKS製の初代A/F Knock Ampがすぐリーンを表示するようになりました。たぶんO2センサーが壊れているので指定の日産品を購入しましたが、これを取り付けるためのコネクターキットがHKSではすでに廃番なので、交換のための情報を記載しておきます。ただ4まんえん近いセンサー代でPLXなど安いBOSCH製O2センサーを使うA/F計が余裕で買えちゃうので修理は考えもの。

さてコネクターですが、住友電装 HM防水シリーズ(PDF)です。カタログ落ちのようで見つけるのに少し時間がかかりました。住友は端子のロット1万本とかなので、配線コムの“090型HW【防水】オス端子/M090WP-HW”をバラ購入します。ハウジングは再利用できますが、これも同社で販売されています。

防水ゴムの圧着はヒーロー電機製FRH-07を使用します。記載時点では新規1,000円引き(!)のCEW SHOPが最安。即納でした。

防水ゴムはこのように丸くカシメるのが正解。

さて買ってから気付いたのですがFRH-07はうちで使っている日立オートパーツ&サービス製ギボシの指定工具の1つでした。というかギボシの製造元もヒーロー電機です。ダイスにギボシがぴったり沿う感じはちょっと衝撃的で、仕上がりも美しいですね。これも先のCEW SHOPで購入できるのであわせてどうぞ。

ALINCO エアロバイク使用時のカコカコ音を修理

運動不足解消にエアロバイク(ALINCO AFB4309WX)を使ってます。折りたたむとあんまじゃまじゃないですし、ほぼ毎日30分、2ヶ月半の使用で体重70kgから6kgダイエットでき腹回りが見違えるほどすっきりしました(摂取カロリーにも気を使ってます)。付属の心拍計を見ながら身体にいいあんばいの負荷になってるスピードで漕ぐのが効果的で、軽いペダル設定でも汗だくになります。飽きないかなあと心配でしたが、見入っちゃうような動画を流しながらやるのがポイントですね。時間経つのが早いですし、続きを見るために明日もまたエアロバイクに乗ろう、みたいな。ウォーキングではそうはいきません。最寄りのコンビニもクルマ移動みたいな田舎だとたまにすれ違う人とびみょーな緊張感があったりなので外に出なくていいという面でもかなり気楽です。

さて最近、この「愛車」のペダルを漕ぐとその回転にあわせ内部からカコカコ・カラカラと異音が出るようになりました。だいぶうるさいので運動意欲も無くなります。で、理由ははっきりしませんがこれが止められたので、同じ症状で困ってる人が直せる(かもしれない)ようちょっと詳しく書いておきます。

右足側のサイドパネルのネジを外します。工具は+2のドライバー。パネルを外すのにじゃまなペダルは普通のプーラーではビクともしないのでこれはあきらめます。

スモークのフロントパネルを外した奥の、真ん中のプーリーのベアリングあたりから異音がしていました。

17mmのコンビネーションレンチで写真左側のナットをゆるめ(硬いので最初はレンチのメガネ側を使う)、次に右側のナットをてきとうに少し回して、最後に左のナットを締めて固定、というのをペダルを回しながら何度も行い、異音がおさまるいいあんばいのところが見つかれば完了です。だいぶゆるめてみたときにベアリングとナットの間になにかゴミ?金属片??みたいなのが見つかり取り除いたのでそのへんも見ておくといいです。

軸の傾きやナットの押さえすぎ、あとベルトも張りすぎ(現状調整できない)に感じるんですが、これらによりベアリングに負荷がかかって異音が出ていたのかなあと想像しています。ただこの作業前に潤滑剤を軸に塗布していたので、ナットをゆるめたことでこれが浸透したことも異音が収まった要因の一つかもしれません。まあどっちも試してください。

(同じような内容をアマゾンの商品レビューにも載せてます)

なおご質問等にはお答えできません。

スイフト CVT 診断機で学習が行えない不具合を修理

ZC72Sスイフト CVT ユニット修理交換後は CVT ECU に学習をさせなければならないそうですが、スズキ純正診断機で何度実行しても未実施のダイアグが消えずまともに走行できないという車両の修理依頼がありました。

スズキ車の制御に一番詳しい タイヤラウンジさんにご協力いただき、うちが少し詳しい通信的になんとかすることで学習を正常終了させることができました。

めんどうなので詳しくはひみつですがこの異常はメーカーが対策しない限りディーラーでは本体交換以外の修理はできないと思います。スズキの開発部門からの問合せには対応します。

修理のご相談等はタイヤラウンジさんまで。うちでは承りません。

ZC33S スイスポ ステアリング角センサー異常でESPエラー

ZC33Sスイフトスポーツで、ステアリング角センサーを新品交換してもセンサー異常のダイアグが消えないという相談がありました。メーターパネルにESPエラーが表示され、ABSの動作がおかしいそうです。

さらに新品センサーは診断機で校正(中立点学習)をしなければなりませんが、ダイアグが残っているためこれも実行できません。

整備書に従うと次の修理手順はESP(ABSユニット)交換ですが工賃込みで約20万円だそうです。適正価格とはいえなかなかのお値段。

そこでスズキ車の制御に一番詳しいタイヤラウンジに解析のご協力を仰ぎ、うちが少し得意な通信的になんとかすることで、ESPは交換せずそのままで不具合を解決することができました。校正も完了です。とここまで書いといてあれですがいろいろ面倒なので詳細は非公開です(スズキの開発部門からのお問合せには対応します)。

ただ技術力云々関係無く、今のところタイヤラウンジ以外のディーラーではESP交換以外にできることはほんとうにありません。メーカーのサポートが必要です。

ところで舵角なのになぜESP?という疑問ですが、直接はつながっていないものの管理や校正の指示を出すのがこのECUだからなようです。

なおうちでは全ての修理は承っていませんのでご相談はタイヤラウンジまでお願いします。ご予約、車両持ち込み必須です。

チューニングしたスイスポで一瞬ESPシステム要点検が表示される場合はタイヤラウンジ製VSCキャンセラーで解決するかもしれません。こちらをご覧下さい。

Nintendo Switch 左コントローラの不具合対策

任天堂スイッチに付属する無線コントローラー“Joy-Con”の左側に通信系の問題がある初期不良品がまじっているらしく、うちでもたまに、イカちゃんが急に敵前に走り出し即死という悲劇がおこります。スイッチは発売日に購入しました。

この件で任天堂に修理に出したらコントローラー内部に導電性スポンジが追加されていたという海外サイトの記事がありました。修理前後の内部ネジの向きからも、もの自体は一切変わっていないようです。

導電性スポンジは仕事柄いくらか持っているのでこれを試してみました。一般にも売られています

コントローラーには特殊なネジが使われているので 分解には専用工具 を用いました。ぱっちん止めもされてますので工具付属のこじ開けヘラを差し込みます。

電導性スポンジがあったという基板の無線アンテナパターン部。単純にここに置くだけのようです。

最初その理由がわかりませんでしたが、よく見ると純正状態では、別部品になっているZLボタン用のかなり長いフレキシブルケーブルがアンテナを触ってます。コントローラーを振り回すようなゲームでは位置が変わったりもして電波的にあまり良さそうではありません。導電性スポンジを間に入れることで距離を取ることとさらに電磁遮蔽も期待しているのでしょう。ジョイコンの電波も飛びづらくなりそうですが誤作動よりはマシということなのかもしれません。

日本の任天堂は認めていないようですが Nintendo of America では「製造上のばらつき」と説明しているそうです。組立工員によるこのフレキシブルケーブルの通し方によってアンテナに干渉したりしなかったりということで先の説明になったのかもしれませんね。

記事ではもっとちいちゃいスポンジでしたがせっかく(?)なのでアンテナ部分全面を覆ってみました。先のフレキシブルケーブルが折れ曲がらないよう注意しながら組み立てて終了。

数日遊んでますが今のところ特攻など誤動作は起こってません。ただそれでもスプラトゥーンの勝率は上がりませんから、どうもコントローラー以外のとこにも問題があるようです(笑)。

なおこれに関するご質問やご依頼などは承っておりません。ご自身での対策をおすすめするものでもありません。今の時点では全てのSwitchが保証期間内ですから、誤作動や操作の遅延などある方は早めに任天堂に修理依頼をして下さい。

ReadyNAS のスクラブがとてつもなく遅いのが直ったよ(喜)

※ まとめだけ見たい方は一番最後をどうぞ

NETGEAR ReadyNAS 316 というNAS(ネットワークのディスクみたいなの)を使ってるんですが、定期的に行うスクラブ(SCRUB : ファイルの自然破損を防ぐために全領域を再書き込みする機能)がいつの頃から何日もかかるようになり、直近では24時間で2%しか終わらないという状態でした。その間NASは反応が悪く使いものになりません。このスクラブが遅い件は海外フォーラムでもたまに問題になっており、NASを初期化したら直ったというあまり受け入れたくない結末ばかり。そうせずにすむ(かもしれない)解法をたまたま見つけたのでお知らせします。

[続きを読む…]

ベンツのアクセルペダル故障内容確認

DSC_0598

メルセデスベンツのスロットルペダルが故障したとのことでその献体を分解してみました。二系統あるペダル出力のうち低電圧側が電源電圧に張り付くという不具合です。

スロットルコントローラを使っていると壊れやすいといううわさもあるようで、技術協力のダウンシフトブリッピング装置も他人事(?)でなく気になります。

最初に結果を言うと(少なくともこのペダルの故障に関しては)スロコンなどの後付装置は全く無関係でした。

DSC_0599

樹脂とシール剤が大変硬く超音波カッターで切り刻んでようやく分解できた計測部分は可変抵抗では無く、磁力の変化により角度を測る半導体センサーでした。スライド接点と異なり非接触なため耐久性に優れますが、しかしうまくできているものです。

DSC_0637

センサーの1つが故障しているのかと思いきや、よくよく基板を見るとスルーホールがはがれています。つまり断線状態。センサーは正常でした。

もし他に壊れているペダルも同じなら製造不良に近いかもしれません。なおこのスルーホール、省いた方がシンプルな回路設計ができたはずという悲しい(というかナゾな)もの。

そうそうこの状態でしたら直すのはすぐですがここに至るまでが非常に大変なので、修理は承りません。新品ペダルを購入するのがベストです。