カテゴリー : [車種]BMW

カテゴリーの選択をクリアする

BMW F10 オートマチックホールドを自動ONする装置

BMW F10に、停車中ブレーキを踏んでいてくれる [AUTO H] ボタンを自動でON/OFFする装置をつくりました。AUTOを自動ってなんか変ですけどね。非売品。

数千円で売られる市販の代理ボタンプッシュ装置が使えるほど欧州車は簡単じゃないので、ありあわせの通信装置を改造し、メーターのCANを確認しながら制御します。

オートホールドをONにする条件は、始動中で、ドアが閉まっている、シートベルトをしている、ブレーキペダルを離しているか強めに踏んでいるという感じです。ブレーキは“ゆるく”踏んでいたらだめ。

まずは始動時にONにするつもりでしたが、直後はオートホールドの操作が受け付けられませんでした。少しあとだとブレーキペダルを離しかけて“ゆるい”と判定されキャンセルされる場合が多く、それにこの段階ではまだシートベルトをしていないかもしれないので、ちょっとうまくありません。シフトをDに入れた瞬間にもONにしてみましたが、これも“ゆるい”判定がままあります。ということでシートベルトを引っ張ってくるやつと同じ感じで初回15km/hを越えた時にしました。

次に、ブレーキペダルを強く踏み込むとONになるクルマがあるということらしいので、乗ったことないですが雰囲気をまねてみました。停車中に通常のペダル踏力よりさらに素早く強く踏み込むとON/OFFを切り替えます。[AUTO H] に手を伸ばすより断然らくちん。

オートホールドがじゃまになるバック時は、シフトをRに入れたときOFFにします。ただすぐ動き出したりブレーキ踏力が弱かったりで“ゆるい”判定でOFFにならないことが結構あってイマイチ。この“RでOFF”は無効にして、バック時も上の機能でブレーキを踏み込んで切り替える操作にまとめた方が混乱しないかも。ブレーキパッドの特性にもよりそう。

知らなかったんですが、オートホールドON時にエンジンを切るとパーキングブレーキがONになるんですね。それを利用すれば、オートホールドOFFでバック駐車、ペダルを踏み込んでON、エンジン停止で勝手にクルマが固定されます。発進時もシートベルトをしていればパーキングブレーキは自動解除されるので、STARTとDとRしか操作せずらくちん。

オートホールド機能は便利ですが、グローブボックスに手を伸ばしたりチケットを取ったりなど運転以外のことをするときは必ずシフトをPにするクセをつけましょう。身体をねじった拍子にアクセルペダルをさわり赤信号で発進してチビったことがあります。前にクルマがあれば自動ブレーキが入ったでしょうがその時は先頭で、タイミングによっては信号無視の交通事故でした。

この装置は非売品です。お問い合わせは承りません。

[詳細] BMW 12.3インチAndroidナビ 取付・設定・改造

おおむね汎用品なので車種にかかわらずご参考にどうぞ。随時更新。

BMW F10に12.3インチAndroidタッチスクリーンディスプレイをとりつけました。Android 11/Snapdragon 662/メモリ 6GB/ストレージ 128GB品がAliexpressで$540前後(仕様によって様々です)。画面がかなりデカくなりました。純正ナビなどiDriveはそのまま表示され、画面をAndroidに切り替えればそっちもそこそこ純正っぽく使えるという面白い装置です。色味がみょうに白いのは後述の設定ミスのため。

記事は製品の細かい紹介と、すでに持っているひと向けに次の項があります。ご質問、作業依頼等は承りません。開発した装置類は非売品です。

[続きを読む…]

BMW ナンバー灯を減光しバックカメラのハレーションを抑える装置

通信を勉強するため中古のBMW F10を購入しましたが、夜間の駐車時、ナンバー灯によるハレーションでバックカメラに景色がほとんど映らないのが気になっていました。いつかぶつけちゃいそう。

車種によっては特殊な設定(コーディング)でバック時にナンバー灯を減光することができますが、このF10には残念ながらその機能がありません。そこで、余っていた基板を改造して同じようにしてみました。

夜間のバック時の純正リヤカメラはこんな映り。後のクルマだけが見えます。

同じ停車位置でナンバー灯を減光させるとこの通り。実は横に塀があったことがわかります。

ただこれだけではリレーと抵抗だけの誰でも作れる装置と同じなので実際はもうちょびっと凝った仕組みになっています。詳しくは動画にて。

非売品です。

なお減光のフラグにするバック灯の出力はオシロで見るとわかりますが(車両ECUによる断線チェックのため)数ms幅の矩形波だったので同じような回路を作る場合は少し注意してください。