アーカイブ : 2013年 7月

アーカイブの選択をクリア

ZC31Sスイスポの技術協力

DSC00025

Battle Bee Racing(BBR)さん発売予定のZC31Sスイフトスポーツ用新製品の技術協力を行っています。

開発は思いの外順調なようですので発表も近そうです。

ZC31Sユーザさんは今後のBBRさんウェブサイトまたはFacebookを要チェックですね(^^)。

ECU通信解析のための事前解析練習

DSC_6162_

はじめて挑む車両の通信解析を行う前に、その車両につく無関係なECUを用いて机上で事前に解析練習をすることにしました。

今回の場合はこうすることで実車での作業時間がかなり短縮できる見込みです。

OEMですので詳細は伏せますが1,2ヶ月中には製品にしたいですね。

ちなみに写真の配線、ほんとはこんなにたくさん要りません。大半はECUの下に敷いてるだけです(笑)。

ABS車輪速センサー出力整形装置をS2000RRに

DSC_6138

ワールドタイムアタックチャレンジに参戦するTopFuel/VOLTEX S2000RRはトランスミッションが社外品(ホリンジャー製6速シーケンシャルドグ)なので車速情報が取れませんでしたが、ABS撤去の際に外されていた車輪速センサーを今回ロガー用に再度つけていただいたので、それを元に簡易車速パルスを生成というか車輪速パルスを整形する装置つくってみました。

(一般的に「車速」はトランスミッションなどからひろう信号、「車輪速」は4輪それぞれからひろう信号とお考えください。ただ現代のクルマの多くは車速センサーが存在せず車輪速センサーのみの構成となっているようです)

S2000の車輪速センサー出力は速度によって周期と振幅がかわるサイン波(?)で、これを簡単なアナログ回路で0-5Vの矩形波に整形します。ただこれだけでは「車速パルス」とは言えませんが、トップフューエルさんがお持ちの外部装置で車速に修正できるそうなので、今回特にそのあたりの変換回路はつけませんでした。

マイクロソフトのBizSparkに参加

BizSpark_Startup

マイクロソフト社が行うIT系スタートアップ企業等を支援するプログラム BizSpark に承認されました。

同社の様々なOSや開発環境などが用意されるためWindows用ソフトウェアの制作がより便利に行えるようになりました。OEMですので詳細は伏せますが実はココアシステムズにもPCアプリケーションの製品がいくつかあるのです。

BizSparkには設立から5年未満などの条件がありますが、個人事業主でも、またオリジナルソフトウェア製品がまだ無くても参加できるようですので、開発系の事業計画がある方は申し込んでみてはいかがでしょうか。

ショッピングカートとSSL暗号化通信を導入

shoppingpage

取扱中のBBR製VSCキャンセラーのご注文が続いていましたのでショッピングカートを導入し [通信販売] ページをつくりました。

これまでのフォームによるご注文より簡単で、クレジットカードまたはPayPal払いをお選びの場合はそのまま決済もでき便利になっています。

またこのショッピングカート操作時と今回新設の [お問い合わせ] ではSSL暗号化通信がされるようにしました。ウェブブラウザのURL欄(近辺)に鍵マークが付き、この時は盗聴や改変の心配がなく安全にデータ送受信が行われます。

ご利用下さい。