アーカイブ : 2014年 11月

アーカイブの選択をクリアする

VProロガーに乾電池搭載

DSC_7726

開発中の F-CON V Pro ロガーの新基板ができました。何個目の試作になるかは数えていませんがこれが最終、、、になるといいなあ(笑)。

SDカードを引っこ抜く以外は記録中どんな場合でもログファイルが飛ばないようにしたいので、スペースをやりくりしてリチウム乾電池をつけました。VProのIGN電源電圧データをモニターしているのでこれまでもキーオフでの終了は(IGN OFF → 電源オフに時間差があるため)対応していましたが、この基板からはケーブルが抜けるなど急にVProからの電源が止まった場合でも電池の電力でログファイルの保存処理が正常に行えます。

また今まで使ってたボタン電池では内部時計の動作時間は計算上10年でしたが容量アップにより60年に増えました。さてこの電池交換時期にガソリンを使うチューニングカーは存在しているのでしょうか(笑)。

なおこのVProロガー、発売予定はありません。

VProロガーの設定ツール

vprologgerconnector

F-CON V Proロガー(開発中)の設定ツールをつくりました。

通常のPC-VProケーブルをロガーのVPro用ポートに接続して設定を行います(要クロスアダプター)。ロガーに設定専用のコネクターを付けなくて済むのでつくるのがちょびっと楽ちん。

あと、手動ボタンで行うログの開始・停止を、通信データ中のいくつかの項目で自動的に行う機能もつけました。慌ただしいサーキット走行時などではログ開始のスイッチを押すたったそれだけのことが意外と難しいんですよね。

停止の方は設定する条件以外にも内部的にいろいろ仕込んだので、記録中にSDカードを引っこ抜くことさえしなければまずログが飛ぶことはありません。たぶん(笑)。

Facebookページに書いた時刻設定(ログファイルのタイムスタンプ用)もここで行います。

今のところVProロガーの発売予定はありません。

アウディーTTの通信解析サポート

DSC00715

輸入車チューニングで有名な ジェイファクトリーさん で、アウディーTTの通信解析サポートを行いました。

外車は過去に行ったメルセデスベンツの複雑怪奇なシステムが頭にあってちょっとゆううつな面もあったのですが、アウディーはフェイルセーフの部分が先進的で通信も国産車とは少し違うテイストな感じはしましたけど、ややこしいことは全部ジェイファクトリーさんから教われたこともあり、初回としてはおおむね順調に終了しました。

しかし外車のアルファベットと数字の組み合わせな車名(?)はなかなか覚えられませんです(笑)。