アーカイブ : 2015年 5月

アーカイブの選択をクリア

VOLTEXさん実車風洞実験

VOLTEXさんによる定期の実車風洞実験の計測サポートのため、設備を借りる三重大学に1週間「出勤」してきました。

10月オーストラリアで行われるWorld Time Attack Challengeで三連覇を目指すTilton Interiors Racing エボ9のエアロデバイスアップデートが今回の目的です。

DSC_8165

効率的なダウンフォースが得られる車両下面の状況を調べるため、市販の風速計2個のデジタルアナログ変換装置と圧力センサーユニット16個を製作しました。実験ではこれらに加え基本となるダウンフォースとドラッグ(空気抵抗)、速度を計測します。

DSC_8173

三重大学の風洞室は車両計測用にはできていないため計測台に設置するのも結構大変。

DSC_8283

下面の圧力はフロアに垂直に差したシリコンチューブを経由して計測します。

DSC_8250

集録装置部分。今回はとにかく配線が多いので「ちゃんと動いているものは触らない」方式です(笑)。

DSC_8272

装置のデータは予めつくっておいた計測ソフトウェアでまとめて記録します。

DSC_8300

計測。数値だけではわからない各部の空気の流れは毛糸の動きでチェック。

DSC_8390

複合的な流れはスモークワイヤーで。風洞実験と言えば「これ」な感じですが意外と使いません。

DSC_8237

風洞実験用圧力センサーユニット

DSC_8155

VOLTEXさんが行っている実車風洞実験用に圧力センサーユニット×16と集中電源ユニットをつくりました。

エアロデバイスのキモとなる下面にホースを通してこれらを取り付け各部の圧力変化を高精度集録装置でPCに記録します。

GTウイングやカナードといった“うわもの”はダウンフォースと同時にドラッグ(空気抵抗)も増えがちですがフロア形状によるものはこの効率が良くチューニングカーでも生かさない手はありません。VOLTEXさんも長年にわたる実車風洞実験でずっと研究なさっていますが今回特に微小な変化も数値化しようと製作しました。このシステムではひとの吐息レベルまで検知できます。

風速計のデジタルデータをアナログに変換する

DSC_8106

月末に VOLTEXさんが三重大学で行う実車風洞実験で写真の風速計(YK-20005AH)の値を他の計測データと同期させたいというご希望があり接続装置を製作しました。

風速データは本体のシリアルポートから簡単なデジタルデータで出力されていますが、ココアシステムで制作した風洞データを集録するシステムは計測装置の価格の都合上アナログ(電圧)しか扱えないため、この装置でシリアルデータをアナログに変換して計測機に入力します。

VOLTEXさんからはあと2点ご依頼があるので完成したらまた掲載します。