DSC_7875

開発中の F-CON V Proロガー(V3.2/3.3用) に高速記録モードを追加しました。

全てのデータを毎回読み出すメーカー純正ソフトウェアの仕様では最速で秒間5回の記録(56000bps接続時。38400bpsでは4回)のようで本ロガーもそれに準拠していますが、今回の新機能では読み出す項目を選別することにより秒間約17回(56000bps時。38400bpsでは約13回)で記録します。通常モードと高速モードの切り替えはPCから行います。

このモードで記録する項目は以下の画像をご覧下さい。プロショップさんのご協力で、メーカー純正のショップ専用ソフトウェアにてログファイルを開いたときのスクリーンショットを撮らせて頂きました。

vprologgerfastlogging

もしかしたら、この中であまりつなぐことのない [油圧] [油温] [燃料ゲージ] といった不要項目を削りさらに速度を追求してはどうかとお思いになる方がいらっしゃるかもしれませんが、これらは加速増量等を決めるとき重要な [スロットル変化] などを読み出すといっしょに出てくるデータなのであってもなくても影響ないのです。

あと気になる [燃料ゲージ] 下のナゾの空白は、その下の [燃料メイン] からをノーマルログと同じ位置にしたことでログソフトでの項目の表示/非表示などの設定をユーザが共通化することができます。ちなみにこれを無くすとログファイルはその分小さくできますが、通信で読み出していない項目なので高速化はされません。

一般販売はしていません。