技術協力の、新型レクサス LS500 / LS500h 用エアサスコントローラーアドバンス(ユージーランドボディー製)が完成しました。写真は同社製アーム“SSキット”装着車両。

LS500のサスペンションECUはいくつもの車両コンピュータと連携しながら車高制御を行っているため、一般的なエアサスコントローラーを取り付けただけでは、操作中に制御がロックされる、いつの間にか車高が上がりその状態から戻らない、高速走行で設定車高より下がる(危険)、と様々な問題が起こります。

かといって全ての制御を止めればエアサスの意味が無くなるうえ、車両が傾いた状態で固定されたりエアが充填されないのでじょじょに車高が下がってきてしまいます。

そこでユージーランドボディーさんではECU間を調停するモジュールを新たに開発。これを用いることで、加減速などでの車高変化を自動調整する純正機能を生かしながら、前述の不都合をおおむね解決することができました。

あわせて、80km/h以上で無効にされてしまう純正のハイトハイ機能がどの速度域でも使えるようになりなりますので、通常を超ローダウン、走行時はワンボタンで安全車高にするといった応用も可能です。

すでにロアリングキットをお使いの方も先のような症状が気になっているかと思いますが、いつの間にか上がっちゃう車高に対応して低めに設定すると今度は高速走行で底突きするというジレンマにもユージーランドボディー製エアサスコントローラーアドバンスは有効です。

お問い合わせ・ご購入はユージーランドボディーさんまで。複雑な取り付け作業が必要ですので同社への入庫が必要です。

別製品の、走行不可ですがエアサスコントローラーでは実現できないエア・ゼロの限界までローダウンする同社製“ゼロシステム”についてはこちら