タイヤラウンジと研究中のESPからのトルクダウン要求の通信を応用し、ZC33Sスイフトスポーツにてアクセル全開でゼロスタートを行うローンチコントロール風味の通信装置を試作しました。

このとき電スロ開度100%のままでエンジン回転をコントロールしているので、ブーストが多少かかった状態からロケットスタートできます。保持する回転数は任意に設定可能。

技術的には前輪と後輪の差が大きいときトルクを落として空転を多少抑えることもできますがコンディションにあわせた調整が大変そうなので、それならよけいな制御は無しにして、発進後はドライバーに任せる仕様にしました。

なおECUチューニングやスロコンなどでも無負荷時のエンジン回転キープはできますが電スロをあんまり開けないようにする仕組みなのでブーストもアイドリング程度で、タイムが縮まるような効果はあまり期待できないと思います。

ご質問・ご要望は承りません。