カテゴリー : 製品情報

>カテゴリの選択をクリアする

Z33 TCS/VDC用ドライブモードコントローラ発売

先日フェアレディーZ Z33ニスモを貸してくださったHさんのご紹介で、ATのZ33(TCS)でのDrive Mode Controller動作確認を行いました。

製品の動作に関する部分の通信パターンは全てそろい、またそれにあわせたプログラム・装置も完成しましたので、本日“Drive Mode Controller for Fairlady Z Z33 TCS/VDC”を発売しました。

ご購入ページ記載の販売代理店またはココアシステムズ直販にてお求めください。

なお限定車の380RSや海外仕様の350Zについてはご相談ください。

追記 : 本製品の販売は終了しました。

Z33後期MT TCS用DriveModeController解析・取付

フェアレディーZ Z33 バージョンニスモ MT TCS(トラクションコントロール装置)にてドライブモードコントローラーの開発・取り付けをしました。
発売中のエボ10用と同じく車両の通信(CAN)を常にチェックするため確実動作です。

過去にZ33 前期 MT VDC(横滑り防止装置)用は完成しているので、今回の拡張でMTについてはTCS/VDCの装置共用化が行えました。

ATについても近日解析予定ですので、それを終えてからZ33用Drive Mode Controllerを発売します。
#380RSについては出荷台数が少なく確認が難しいため要相談です。ごめんなさい。

なお今回テストに使わせていただいたのはアミューズフルエアロがいかついこちらの方のZ。

どうもありがとうございました。

追記 : この製品の発売は終了しました

ランエボマガジンに掲載

ランサーエボリューションマガジンVol.48に、当ココアシステムズで発売中のDriveModeController for Lancer EvoXが紹介されました。

Amazonでのご購入はこちら

さすがプロの解説はわかりやすく、商品説明の参考にしようと密かに思ったり(笑)。

ランエボマガジンさんありがとうございました。

 

絶賛開発難航中のS-AWCコントローラの取材依頼は残念ながらお断りするしかなかったのですが、次号にはサーキットテストの様子をご覧いただけるようこれまで以上に開発に力を入れますのでお待ち下さい。

DriveModeControllerにS-SPORTモードのダブルクリック設定機能追加

VOLTEXさんのデモカーをお借りし、Drive Mode Controller for Lancer EvoX SST(発売中) に、通常は長押しが必要なS-SPORT走行モード設定をダブルクリックでも行えるプログラムを追加してみました。

先日の開発日誌に書いたASCフルオフのダブルクリック化がだいぶ面白かったので。

あいかわらずボタン操作が映ってませんので打音で確認ください(笑)。

ECUを書き換えるわけではないので実際の切り替わりには同じ時間がかかりますから、[SPORT] と [S-SPORT] の交互表示で装置が作業中なことを示す仕様としました。

また S-SPORT に設定できない10km/h以上(SST ECUの仕様)で走行中にダブルクリックがされた時には動作を保留し、設定可能車速以下になるまで待機。その後信号待ちやサーキットコース内徐行で自動的に S-SPORT になるというちょっとだけ親切設計です。

VOLTEXさんといつも協力いただいている真尾さんご夫妻のエボX SSTにてしばらくテストののちバージョンアップのご案内をします。

DriveModeController for EvoX にASCフルオフのダブルクリック設定機能追加

前回の開発日誌に書いた Drive Mode Controller for Lancer EvoX の新機能テスト、ASCフルオフで必要なボタン長押しの代わりにダブルクリックでこれを行うプログラムを追加してみました。

動画はボタン操作が映ってませんので打音で確認ください(笑)。

ECUを書き換えるわけではないので実際の切り替わりには同じ時間がかかりますから、[ASC OFF] ランプを点滅させ装置が作業中なことを示す仕様としました。

これで意外と難しいスポーツ走行中のASCフルオフへの切り替えが簡単に行えるようになるはず。

バージョンアップについてはもうしばらくテストを行ってからご案内します。

追記:本製品の販売は終了しました。再販の予定はありません

テストと称し筑波1000走行

製品開発テストという名目で、ココアシステムズデモカーのエボ10足まわりをフルメンテナンスしていただいている MKsportさん 開催の筑波サーキットコース1000走行会におじゃましてきました。

お客様からの問い合わせも多いS-AWCコントローラは技術的な問題でサーキットテストの段階にはまだ進んでいないため、実際にはただ遊んできただけです(^^;)。

このクルマにはもちろん DriveModeController(発売中) が装着されているのでASCやインタークーラーウォータースプレーの状態を気にすることなくエンジン始動後はそのままコースインできるのですが、気になったのはコース上でASCフルオフに変更したいときの純正操作でした。

徐行しながらラインを塞がないようコースとミラーを気にしつつ、四点ベルトで押さえつけられた状態でASC OFFボタンを3秒以上長押しというのは意外と難しいのです。コース内の3秒って想像以上に長かった。。。

ECUの3秒仕様自体は変更できませんが、ダブルクリック等で装置がこれを代理操作してくれれば切り替えがだいぶ楽かもと思いました。

来週鈴鹿で行われる World Time Attack Challenge 車両走行テストサポートが終わったらさっそく試してみます。有用であれば販売済の装置についても実費にてバージョンアップ行いますのでお待ちください。過去に投稿のSST走行モード変更に対するこんな特別機能も鈴鹿にて VOLTEXさん のデモカー(SST)をお借りして確認してきますのでもうちょっとお待ちください。

Z33 VDC用ドライブモードコントローラ完成

イエローガレージさん(群馬県伊勢崎市)のご協力で、Z33 6MT VDC用のDrive Mode Controllerが完成しました。
※写真の装置は製品とはじゃっかん異なります。

VDC OFFボタンにて一度VDCをオフにしておけば、今後はエンジン再始動後も常時オフがキープされます。車両CANの情報をチェックしながら動作するため確実で簡単です。

Z33にはじゃまな警告音等無いためそれほど意味無いですが、エボX用にも装備しているエンジン始動中のみVDCの状態を復帰する機能もつけました。モードの切り替えはウインカーの点滅回数で確認可能。

なお今回は前期車両での解析だったため、今後は中・後期、TCS搭載車での確認を進めていきます。製品としての発売はそれからになると思います。

商品パッケージ

これまでココアシステムズの製品は簡易梱包でしたがようやくパッケージを準備することができました。

一流メーカーのようなフル印刷はできないので白箱にシールを貼っただけですが愛情込めて作りました(^^)。

量産には、試作・特注とは違う難しさがありますね。

これまでにご購入いただいた方でこのパッケージご入り用でしたら送料無料でお送りしますので、ココアシステムズまでご連絡ください。

エボX用ASC・ICWS自動復帰装置第二版完成

完成した今となればちょっとしたことだったんですがそれに気付かず回路・プログラムとも何度も修正しようやくエボX用ASC・ICWS自動復帰装置の第二版ができました。化粧ステッカーはまだ貼っていません。

機能的には第一版と同じですが、第二版では車両への配線が減り、また誤配線に対する保護回路がさらに強化されました。

早々に説明書を作り直し、5MT用は近日中に発売開始です(納期1週間程度)。SST用はまだプログラムが終わっていませんので少し先になりそう。

これでココアシステムズの全製品が「開発中」という事態から脱出の見込みです。いやーよかった。

カタログ第一号

東京オートサロン ココアシステムズ45cmブースにお越し頂きました皆様、どうもありがとうございました。何のトラブルもなく無事3日間を終えることができました。

会場にて配布のココアシステムズカタログ(チラシ)第一号のPDFを準備しましたので、製品情報の代わりといってはアレですがぜひご覧下さい。

ASC・ICWS自動復帰装置【発売終了】

ココアシステムズではランサーエボリューションX ASC・ICWS自動復帰装置発売中です。標準価格19,800円(税込)。

EvoX GSR標準装備のASC(アクティブスタビリティコントロール)はオフに設定しても次回エンジン始動時には必ずオンになるため、走行会などではASCの切り忘れでクルマが加速せず1周を無駄にしてしまうことがよくあります。当装置は車両CANの通信を監視しASCを最後に設定した状態に復帰してくれるためこの心配がありません。インタークーラーウォータースプレー(ICWS)装着車はこれの状態も復帰します。

ご購入は以下のチューニングショップ、またはココアシステムズ直販sales@cocoa.ne.jpまでご連絡ください。

M-sports(富山)
CS-TOP(群馬)
MKsport(品川)

ただ申し訳ありませんが現在納品に2週間ほど時間が必要です。

SST車両の走行モード(ノーマル・スポーツ・Sスポーツ)復帰も備えた製品を2012年春頃発売予定です。SSTオーナーはそちらがおすすめですので発売まで少々お待ちください。

追記:本製品の発売は終了しました。再販の予定もありません